人と人がコミュニケートする際の、最大の目的の1つは「共感し合う」ことだと思いますが、これが結構難しいよなあというのが私的に日ごろから思うことです。

今日は、「共感コミュニケーション」のための12のポイントというのを学んでみたいと思います。

 

 

こんな本に書いてありました。

 

『心をつなげる 相手と本当の関係を築くために大切な「共感コミュニケーション」12の方法』  (アンドリュー・ニューバーグ)

 

※アマゾンの紹介文より

心との付き合い方は、これ一冊で完璧。

―精神科医・名越康文

 

米国気鋭の脳神経学者が、最新の科学研究に基づき、「心がつながる仕組み」とその「技法」を丁寧に紐解いた画期的な書。

コミュニケーションの質が飛躍的に高まると、各界で話題!

本書は、脳神経学のエキスパートが書いた、コミュニケーションの本です。

 

親密な関係では脳がどんな状態にあるのか、そうした関係を築くにはどうしたらいいのか、脳科学をはじめとした最新の研究結果をもとに、「共感コミュニケーション」として独自に練り上げた12の方法を教えてくれます。

 

たとえば、

  • 脳は空想を現実のように捉える
  • 言葉によって遺伝子は変わっていく
  • 脳は長話が苦手

……といった人間の脳や身体の性質を理解し、その仕組みにのっとった効率のよいコミュニケーションをしましょう、というのが本書の提案。

 

かといって、科学的事実だけが羅列されているわけではなく、読後に、人間関係の可能性や味わい深さを感じられるのが、本書のもうひとつの特徴です。

根底に、ひとりひとりの価値観・存在を大切にするというメッセージが込められており、読むほどに、自分自身でいればいい、ということを静かに再認識させてくれます。

 

きちんと相手と話をしているだろうか、相手のことを理解しているだろうか、自分の想いを相手に伝えられているだろうか……

コミュニケーションに悩める方にはもちろん、そうでなくとも、日常のやりとりを見直し実りある人間関係をつくるために、素敵なきっかけを提供してくれる良書です。

 

 

これが「共感コミュニケーション」の12のポイントだそうです。

 

■会話を始める前に

 

1.リラックスする

  • 深呼吸、あくび、ストレッチなどをしてストレス度を下げる

 

2.今という瞬間の意識を払う

  • 右手に意識を集中するなどして「今という瞬間」に注意を払う

 

3.自分の内面にある静けさを育む

  • 瞑想などをして何も考えない状態を作る

 

4.ポジティビティを高める

  • 悲観的な考え方をポジティブな考え方に変える

 

5.自分の一番深いところにある価値観と向き合う

  • 会話に自分の価値観を採り入れる

 

6.楽しかった思い出にアクセスする

  • 楽しかった思い出や心から愛し尊敬している人と過ごしている時間を思い出す

 

 

■会話中に

 

7.非言語シグナルを観察する

  • 相手の表情などに意識を集中する

 

8.感謝の気持ちを表す

  • 褒め言葉から会話をスタートして感謝の言葉で締めくくる

 

9.心から温かい口調で話す

  • 自信と共感の心、そして希望を持って温かみのある口調で話す

 

10.ゆっくり話す

  • ゆっくり話す方が相手の理解力が高まる

 

11.簡潔に話す

  • なるべく30秒以内に話し終える。そのためにあらかじめ要点などを紙に書き出しておく

 

12.じっくり耳を傾ける

  • 相手を理解するために全神経を集中する

 

 

 

上記をどう考えるか。

 

僕が日常に応用するとしたら、全て行なうのはちょっとハードルが高いなあと思います。上記から自分が実践できそうなものだけピックアップしてみたいと思います。

まず、会話の前に、「深呼吸⇒あくび⇒ストレッチ⇒瞑想」「自分の最も大切な価値観を思い出す」「楽しかった思い出にアクセスする」というのは実践できそうです。これを応用するだけでもかなり変わるのはないかと思います。

そして会話中の6項目に関しては、すべて意識して会話するには僕にはハードルが高すぎる気がするので、「ゆっくり簡潔に話すこと」「褒め言葉から始めて感謝の言葉で終える」ことだけを意識してみようと思います。

 

 

私的な今日のまとめ。

 

会話の前に、

  • 深呼吸⇒あくび⇒ストレッチ⇒瞑想をしよう
  • 自分の最も大切な価値観を思い出そう
  • 楽しかった思い出にアクセスしよう

 

会話中に、

  • ゆっくり簡潔に話そう
  • 褒め言葉から始めて感謝の言葉で終えよう