「運のいい人」と「運の悪い人」は何が違うのか?

 

 こんなユニークな研究を行なった心理学者がいます。イギリスのリチャード・ワイズマン博士です。

 

 彼は10年の歳月と数百人のを調査対象者をもとに、「運のいい人」と「運の悪い人」を分けて、この2つのグループを分けるものを見つけ出しました。それが以下の述べる4つの法則です。

 

 

ソース

 

 ソースは以下になります。

 

 『運のいい人の法則』 (リチャード・ワイズマン)

 

 

※アマゾンの紹介文より

世の中には、「運のいい人」と「運の悪い人」がいる。英国の心理学者リチャード・ワイズマン博士は、幸運と不運を隔てるものに興味を抱き、「運の科学的研究」を開始した。ちょっとしたアンケートから始まった調査は10年の長期に及び、協力者は数百人に上った。その結果、博士は「運のいい人」に共通する“四つの法則”に辿り着く。さらに、運は考え方と行動で変えられるという―。世界30カ国でベストセラーとなった“運”の科学書、待望の文庫化。

(著者略歴)

ワイズマン,リチャード
図書館で見つけた本に惹かれ、10歳でマジックに目覚め、20代前半には世界を舞台に活躍するようになる。その後、マジックの裏にある人の心理に強い関心を持ち、ロンドン大学で心理学を専攻、エジンバラ大学で博士号を取得、ハートフォードシャー大学で研究室を持つまでになる。研究者として活躍する傍らビジネス・コンサルタントとして企業で講演することも多い

 

 

概要

 

 リチャード・ワイズマン博士が見つけ出した、「運のいい人」に共通する4つの法則は以下の通りです。

 

【法則①】運のいい人は偶然のチャンスを作り出し、チャンスの存在に気づき、チャンスに基づいて行動する

【法則②】運のいい人は直感と本能を信じて正しい決断をする

【法則③】運のいい人は将来に対する期待が夢や目標の実現を促す

【法則④】運のいい人は不運を幸運に変えることが出来る

 

 

詳細

 

もう少し具体的に見てみましょう。

 

【法則①】運のいい人は偶然のチャンスを作り出し、チャンスの存在に気づき、チャンスに基づいて行動する

 例えば、運のいい人に共通する行動特性として、、

  • ネットワークを築き、広げている
  • 肩の力を抜いて生きている
  • 新しい経験を喜んで受け入れる

 などの特徴が見られたそうです。

 

 

【法則②】運のいい人は直感と本能を信じて正しい決断をする

 同じように、運のいい人の行動特性として、

  • 直感と本能に耳を傾ける
  • 直感を高める方法(瞑想など)を知っている

 などの特徴が見られたそうです。

 

 

【法則③】運のいい人は将来に対する期待が夢や目標の実現を促す

 例えば、運のいい人に共通する意識特性として、

  • 幸運が将来も続くだろうと思ってる
  • 可能性がわずかでも目標を達成するために努力して、失敗しても諦めない
  • 対人関係がうまくいくと思っている

 などの特徴が見られたそうです。

 

 

【法則④】運のいい人は不運を幸運に変えることが出来る

同じように、運のいい人の意識特性として、

  • 不運のプラス面を見ている
  • 不運な出来事も長い目で見れば最高の結果になると信じている
  • 不運にこだわらない
  • 積極的に行動して将来の不運を避ける

などの特徴が見られたそうです。

 

 

 

解説

 

 純粋に科学的な見地から考えれば、そもそも「運」というものが存在するとは僕は思えません。上記の結果は統計的に正しいものではあるとは思いますが、正確に言えば「運のいい人」の特性ではなく、「自分が運がいいと主張している人」の特性ということです。

 

 例えば、法則③や④は一言で言えば「ポジティブ思考」ということであり、ポジティブ思考をしている人はそれは不運なことが起きても不運だとは思わないであろうことは容易に想像がつくし、それは一種のトートロジーとも言えます。

 

 ただ、上記の4つの法則は全て、社会的成功を収めるという意味では不可欠な要素であり、各種の自己啓発書の論旨にも合致するものです。

 

 僕の言葉に直すとしたら、法則①は、「積極性」であり、法則②は「直感に従う」ことであり、法則③・④は「ポジティブ思考」ということです。全て重要なキー・サクセス・ファクター(KSF)といって良いでしょう。