成功者になる不可欠な要素の1つは、「自信」です。

自信がある人がすべて成功しているとは限りませんが、成功している人で自信がない人はほぼ皆無と考えて良いでしょう。

 

 自信がある人は堂々と見えます。自信がない人よりもある人の方が、色々な恩恵を受けることが多いはずです。

 

 以下、自己評価を高めるための10のアイデアを見ていきましょう。

 

 

ソース

 

 ソースは以下になります。

 

 『新訳 成功の心理学 人生の勝者に生まれ変わる10の方法』 (デニス・ウェイトリー)

 

 

※アマゾンの紹介文より

 

(著者について)

ウェイトリー,デニス

人間行動学博士。能力・モチベーション開発の専門家。1933年生まれ。米国海軍士官学校卒業。南カリフォルニア大学客員教授、全米オリンピック委員会心理学部会委員長などを歴任し、宇宙飛行士から一流アスリート、経営者、学生まで、幅広い人々の指導に携っている。米国航空宇宙局(NASA)ではアポロ宇宙飛行士のストレスマネジメントを指導。ベトナム戦争捕虜のリハビリやカウンセリングなどにも尽力した。高校教育への貢献に対して、全米青年リーダーシップ協議会から大賞を授与されている。音声教材は14カ国語に翻訳されており、『幸種 しあわせだね』(講談社)など著書多数。

 

 

概要

 

 「自己評価を高めるための10のアイデア」は以下の通りです。

 

 

  1. いつも自分が最高に見えるように身だしなみに気を付ける
  2. 電話に出たら、まず自分から名前を告げる
  3. 今日のあなたの良かった点を書き出し、その理由を記す
  4. 単純だが、丁寧に「ありがとう」を言う
  5. 最も目立つ席に胸を張って座る
  6. 背筋を伸ばして堂々と歩く
  7. 自分の価値基準を設定する
  8. 自分のことを他人に話すとき、気力と自信に満ちた言葉づかいをする
  9. 自己啓発プランを作り、それに基づいて前進する
  10. スマイル!

 

 

詳細

 

1.いつも自分が最高に見えるように身だしなみに気を付ける

 外見はあなたが自分自身についてどう思っているかを端的に映し出すものだ。

 

 

2.電話に出たら、まず自分から名前を告げる

 会話の中で自分の名前に価値を置く訓練をすることによって、自尊心を高めることができる

 

 

3.今日のあなたの良かった点を書き出し、その理由を記す

 あなたが感謝するもの、あなたが成し遂げたこと、あなたの夢と希望、など。

 

4.単純だが、丁寧に「ありがとう」を言う

 誰がどんな理由でお世辞を言ってもそう答える。

 

5.最も目立つ席に胸を張って座る

 あなたがその会に出席する目的は、聞き、学び、意見交換をすることにあるのだから。

 

6.背筋を伸ばして堂々と歩く

 少し早足でさっさと歩く人は、自信に満ちたように思われる。

 

7.自分の価値基準を設定する

 他人と比べない。ライフスタイル、仕事の成果、人間関係などに自己基準を設ける。

 

8.自分のことを他人に話すとき、気力と自信に満ちた言葉づかいをする

 あなたの素晴らしさを相手に伝え、相手にもあなた自身にも、素晴らしい人物のイメージが残る。

 

9.自己啓発プランを作り、それに基づいて前進する

 成功するための知識、直すべき態度や行動、その結果として起こる人生の変化。加えて、できれば、人生の成功者を見つけると良い。

 

10.スマイル!

 笑顔はあなたが優しく、助け合う心があることを知らせるサイン。

 

 

解説

 

 別の記事でご紹介している、「前向きな性格を作る、シンプルな5つの習慣」と非常によく似通っています。

 

 手っ取り早く言えば、自己評価を上げたければ、「まわりから固める」「形から入る」ということかもしれません。

 次のような行動をとる人に対して、あなたはどんなイメージを抱きますか?

「外見が良い」「自分から名前を名乗る」「よく「ありがとう」を言う」「よく「目立つ席」に座る」「堂々と歩く」「よく微笑む」。。

 

 きっと、自信や前向きな気持ちに溢れた人をイメージするのではないでしょうか。そして、(たとえ本当はそういう人ではなかったとしても、)そういう人として尊敬や憧れをもって扱われているうちに、本当に自尊心などが高まっている、ということなのでしょう。

 実行するには決して面倒ではない、簡単なものばかりなので、試してみると良いでしょう。