自己啓発書に出てくるおなじみのツールの1つとして、「ビジョンボード」というものがあります。特にスピリチュアル系の書籍に出てくることが多いのですが、実は学術研究者の中にもこの効果を認める人も少なくありません。

本日は下記の書籍より、ハーバード大学で最も人気の高い講座を担当したショーン・エイカーが勧める「ビジョンボード」の作り方を見ていきたいと思います。

 

こんな本に書いてありました。

 

『成功が約束される 選択の法則』(ショーン・エイカー)

 

※アマゾンの紹介文より

ハーバード大学で人気講師、TEDでも大人気の講義、最新ポジティブ心理学がついに邦訳!幸福と成功に至る可能性は、「ポジティブな感情」によって確実に高まるのです。個人でもチームでも、誰でもその可能性を高めことができる「5つのスキル」を伝授します! 1現実は自分で選んでいることを知る。2成功への道を常に意識する。3ゴール直前の楽しいイメージを持つ。4成功しやすい習慣をつける。5成功パターンを、他人へも伝播する。

 

(著者略歴)

エイカー,ショーン

ポジティブ心理学研究の第一人者。ハーバード大学神学校でキリスト教および仏教倫理の修士号を取得。その後は、心理学博士のタル・ベン・シャハー教授に師事しながら、同大学で12年にわたってポジティブ心理学の研究に携わった。2006年度には、教育活動の一環で、「タル・ベン・シャハーの心理学講座」のティーチング・アシスタントを担当。その講座が学生から最高の評価や人気を得たことから、「ハーバードの人気講師」として世間に知られるようになった。独立後、グーグル、マイクロソフト、ファイザーなどの著名企業で「幸福と成功の関係」についての実証研究に従事。世界51カ国で講演・法人研修・コンサルティングなどの活動を展開している。2012年には、アメリカのTEDが主催した講演会の動画をインターネットで配信、450万件のアクセスを記録した。2011年には、初めての著書“The Happiness Advantage”(日本語版『幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論』を刊行。アメリカで15万部を売り上げたほか、世界各国でベストセラーを記録。

 

 

これが「効果のあるビジョンボードの作り方」だそうです。

 

  • 「ビジョンボード」とは(一般的に)、大胆な夢を描き、雑誌などからそれに関する写真を切り取って、コルクボードなどに貼り付けてオフィスや寝室に掲げる、というもの。
  • ところが問題点があり、多くの場合、「生活はこうでなくちゃ!」というような非現実的なイメージになってしまう。ニューヨーク大学の研究によると、ファンタジーのような非現実的なゴールをビジョンボードに貼り付けることで気分が却って落ち込むことすらありうる。
  • ビジョンボードは以下の3つの条件を満たすときに、ゴールへ向かう正しい軌道に乗せるための促進要因となる。

 

  1. 現実的なゴールを設定すること(達成確率が70%以上あると信じられるものがベター)
  2. それを達成することが自分自身にとって意義があると思うゴールを設定すること
  3. 近い将来実現可能なゴールであること(ゴールが高すぎたら小さなステップに区切る)

 

 

これが「ビジョンボードの科学的根拠」だそうです。

 

  • 実験によると、①1日15分、指の体操をしてもらうグループ、②この指の体操を同じ時間だけ頭の中でイメージしてもらうグループ、③特に何もしないグループ、で12週間後に筋力を測定したところ、グループ①だけでなくグループ②も指の筋力が35%アップしていた。
  • イメージで何かを練習すると、それが思考であれ行動であれ、ポジティブであれネガティブであれ、脳はその思考や行動のために皮質が出力する信号を増やし、その結果がより効率的に生じるようにする。

 

 

 

上記をどう考えれば良いか。

 

前述のようにスピリチュアル系の自己啓発書ではおなじみの、この「ビジョンボード」。一見うさんくさいイメージもありますが、ショーン・エイカーによれば心理学的な観点から見ても、その効果はあるとのことです。

そして、エイカーが最も効果を上げることができるという条件が以下の3つです。

  • 現実的なもの
  • 意義があるもの
  • 実現可能なもの

僕自身、もう7年以上この「ビジョンボード」を掲示しています(僕の場合はパワーポイントで作成しています)が、エイカーの言うことが当たっているように思います。

これまで、色々な目標を掲げ、それをボードに反映していましたが、経験上、「実際に達成できた目標(或いは達成しつつある目標)」と「達成できていない目標(まったく進捗していない目標)」にははっきりとした違いがあるように思いました。エイカーの言葉を借りると先述の3要件であり、僕の言葉で言うと「心から達成したいと思う目標(自分の好きなこと、得意なこと、意義があると思うことが反映されている目標)」ということになります。

僕の場合、「本を出版する」という目標は、どうしても叶えたかったし、叶えないと社会的損失だとすら思っていました。そして結果としてこれは達成できましたが、「お金持ちになる」という目標に関しては、掲げてはみたものの、心のどこかでそこまで自分がお金持ちに憧れていないことが自分でもわかっており、今のところ達成できる様子がありません。

が、一方で、例えば、「成功の掟」などによれば、それでもなお、何度も何度もそれをインプットしていれば、「達成できるかもしれない」という気持ちになるとされており、これも洗脳効果としてはあるような気がしています。

ただいずれにしても言えることは、自分が心の底から望んでいない目標に関しては、ビジョンボードを用いるにしても他の手段を用いるにしても、達成しづらく、また達成しても幸福にはなれないので、自分が心から望んでいる目標を立てることが、目標達成の一番の近道なのではないかと思います。

 

 

私的な今日のまとめ。

 

  • 心から望んでいる目標を立てよう!