よく自己啓発書に「心の声に耳を澄ませ」とか、「直感を信じろ」とかってやたらと書いてあります。

 

でも、「心の声」ってどうやったら聞こえるんでしょうね?あなたには聞こえますか?
今回ご紹介するのは、心の声を聞きやすくするエクササイズです。

 

 

ソース

 

 ソースは以下になります。

 

『幸せになる技術―心の目覚めのための21のエクササイズ』 (スリクマー・S・ラオ)

 

※アマゾンの紹介文より

成功を追いかけているかぎり、あなたに真の幸せは訪れない! 沈黙のなか食事に集中する、心から感謝する、奇跡を起こす…。名門ビジネススクールの大人気講座で教えられている「人生の達人になる方法」を初公開。

(著者略歴)

ラオ,スリクマー・S.

コロンビア大学ビジネススクールの客員教授、ロングアイランド大学教授を務めるほか、ロンドン大学でも教鞭を執る。もともとの専門はマーケティング戦略で、これまでシティコープやダイナーズ・クラブなどの一流企業のコンサルタントとしても活躍した経験を持っている。そのキャリアの中で、将来リーダーとなる若者たちには精神面・倫理面での修養が必要であると感じ、自らがルーツとして持っている東洋哲学や、大学時代に専攻した物理学を応用して「創造性と自己追究」と題する講座を最初はロングアイランド大学で、のちに名門コロンビア大学でも開講したところ、受講希望者が後を絶たない人気講座となった。ビジネススクールで「成功を追わない」ことを教える異色の講師として、多くのメディアが注目している。ニューヨーク州コマック在住。

 

概要

 

同書によると、「心のおしゃべりを聞く」のエクササイズは以下のように行ないます。

 

  1. ノートやメモ用紙を持ち歩き、一日中浮かんでくる考えに意識を向け、そうした「心のおしゃべり」を書き留める
  2. 書き留める際にカテゴリー別に仕分けて書くとよい
  3. 例えばとんでもない空想をして現実逃避をしているなら、具体的にどんな空想をしているのかまで書く
  4. 心の隠れた感情の流れを意識するように心がける。これを2週間を行なう

 

 

解説

 

このエクササイズは少なくとも2つの効果があると考えられます。

1つは、自分の心の奥にある本当の感情に気付きやすくなること。これによって、「自分は何がしたいのか」というひどく厄介な問いに答えやすくなります。人は、「自分のしたいこと」ほど捉えにくいものですが、こうした「心のおしゃべり」を書く癖をつけることで、自分の欲求を捉えやすくなります。

2つ目は、ネガティブな感情を書くことで、ネガティブな感情から逃れやすくなること。「今、ネガティブな感情に襲われている」ことに客観的に意識するだけで、不思議とネガティブな感情が抑制される効果があります。(「ABCDE法」なども同じですね。)

ちょっと面倒なエクササイズですが、特に自分の欲求に気付きにくい人は試してみると良いと思います。ちなみに僕は、常に欲求と煩悩が脳内を占めているので、あまり必要なさそうです。