ポジティブ思考の素晴らしさを謳う自己啓発本は多いですが、それを高める科学的な方法を紹介している本は意外と多くありません。

本日はポジティブ思考を身につける科学的な方法をご紹介します。

 

こんな本に書いてありました。

 

 ソースは以下になります。

 

『潜在能力を最高に引き出す法: ビッグ・ポテンシャル 人を成功させ、自分の利益も最大にする5つの種』(ショーン・エイカー)

※アマゾンの紹介文より

 

成功するためなら、他人を蹴落としたって構わないーーあなたは、そう考えてはいないだろうか? 答えがイエスなら、あなたは自分の可能性を最小化させていると言っていい。あなたの持つ可能性は、身近な人々と協力することでしか、その限界を超えることはできないからだ。「囲む」「広げる」「高める」「守る」「維持する」の5つのステップで、あなたの潜在能力を開花させる。ハーバード大学人気講義、ショーン・エイカーのポジティブ心理学第3弾!

(著者略歴)

ショーン・エイカー

ポジティブ心理学者。ハーバード大学で英語学および宗教学の学士号を、同大学神学大学院でキリスト教および仏教倫理の修士号を取得。幸福と成功の関連性を研究し、この分野の第一人者となった。現在はコンサルティング会社「Goodthink」の共同創業者兼CEOを務め、100社にわたる企業へのコンサルティングや、世界50か国以上でのレクチャーを行っている。著書に『幸福優位7つの法則』『成功が約束される選択の法則』(徳間書店)がある。

 

 

これが「ポジティブ思考を身につける、ただ1つの方法」だそうです。

 

  • ポジティブ思考は感染する。楽観主義の男性は人間関係を楽しんでいる傾向にあるだけでなく、その妻も人間関係の面で幸福を感じている傾向にあり、またその子供も楽観的な子供になる傾向がある。
  • そのため、ポジティブ思考を身につけるには、ポジティブな人と付き合うと良い。特に「会うといい気分になれる人」「パワーをもらえる人」「意欲が湧いてくる人」がポジティブな影響を与えてくれる可能性が高い。
  • ポジティブな人と直接触れ合わなくても、例えば「ポジティブな気持ちになれる本」を読むだけでも効果がある。心理学研究によると、人が本に夢中になっている時には、その主人公に感情移入するだけでなく、主人公の特性や性格の一部を取り込み始めることがわかっている。
  • なるべく自分の気持ちを上げ、鼓舞してくれる本、雑誌などを身の回りに置くといい。

 

 

上記をどのように考えるか。

 

 

人間は恐ろしいほど周りの影響を受けるもので、例えばAさんが肥満になると、その友人であるBさんも肥満になる可能性が57%増加するそうです。

つまり、ポジティブになりたけりゃ、周りの友人をポジティブな人で固めろよ、ということで、これ自体はあまり疑問の余地はありません。

では周りにポジティブな人がいない場合はどうするのか?ショーン・エイカーは、「ポジティブな本を読む」ということを提案しています。ただ、自己啓発本を週に4~5冊読んでいる僕は、あまりそれによってポジティブな人間になったとは言えません。

何故か。僕にとって自己啓発本は知的好奇心を満たす研究資料ではあっても、ポジティブな気持ちになれるツール足りえていないからなのでしょう。

では本以外はどうでしょうか。前著に書いたように、以前にある研修で、グループ内のメンバー同士で「お互いのいいところを書く」というワークを行なったのですが、その際にグループメンバーが書いてくれた、「僕のいいところ」が記述されているシートを読むと、とてもポジティブな気持ちになれます

このように、ポジティブな気持ちになれるツールのことを、ポジティブ心理学の研究者たちは「ポジティビティ・ポートフォリオ」とか「ジョイ・キット」と呼び、ロンダ・バーンは『ザ・シークレット』の中で「シークレット・シフター」と呼んでいます。

が、名称はこの際どうでもよく、肝腎なことは、あなたがポジティブになれるあなただけのツール(本、詩、歌、写真、手紙など)を用意しておいて、ネガティブになりそうになったらそれに意識を集中する、ということでしょう。

 

 

私的な今日のまとめ。

 

  • ポジティブな気持ちになれるツールを用意しよう!

mailimg

本サイトでご紹介している、「人生を成功に導く知恵」をメールマガジン(週1回程度発行)でお届けしています!もちろん登録は無料です。こちらからぜひご登録ください!