これまでも目標達成法は何度も触れてきましたが、下記の本に、僕が標榜する成功理論とほぼ同じようなことが書いてあったので、今日はこれをご紹介しようと思います。

 

こんな本に書いてありました。

 

『ウォートン・スクールの本当の成功の授業』(リチャード・シェル) 

 

※アマゾンの紹介文より

全米で最初(1881年)に設立され、2000年より9年連続・MBAランキング世界1位(Financial Times選定)を獲得するなど、世界的に最も高い評価を受けるビジネススクール・ウォートンには「成功」を教える授業がある。

それは同校に学ぶエリート達を「ステータス」「富と名声」の圧力から解き放ち、「自分だけの成功の道」へと導く授業となっている。

2005年に創設されるや〝人生が変わる授業〟と反響を呼び、多くの学生が最終学期に受講する同校の名物講座となっている。

 

(著者略歴)

リチャード・シェル

G.Richard Shell

ペンシルベニア大学ウォートン・スクールの法学・企業倫理・経営学教授。同校の人気講座「成功の授業」の創設者。教授職の傍ら、アメリカ海軍特殊部隊、FBI交渉人、フォーシーズンズ・ホテル幹部、Google管理職など幅広いジャンルのエリートたちを指導している。

20代は、ペンキ職人などの職を転々としながら世界各地を放浪して過ごす。30代にロースクールに入学、37歳でウォートン・スクールでの教師の道をスタートした。

同校で、2005年に開設した「成功の授業」は「人生が変わる授業」と反響を呼び、現在に続く人気講座となった。多くの学生が、ウォートン卒業直前の最終学期に同講座を受講する。エグゼクティブ向けの講演やセミナーも多い。

現在、家族とともにフィラデルフィア近郊に在住。

 

 

これが「目標達成するためのプロセス」だそうです。

 

1.情熱に耳を傾け、挑戦する価値のある目標を立てる

  • 取り組むべき問題を特定し、定義する。そのために友人や同僚の力を借りると良い。

2.想像力と直感を活かしてアイデアを生み出す

  • 就寝中やリラックスしている時に良いアイデアは浮かびやすい。適切な問題を切り出したら、メモを準備して待つ。

3.SMARTな計画を立てる

  • 具体的(Specific)、測定可能(Measurable)、実行可能(Actionable)、意義や目的に則している(Relevant)、期限が明確(Timely)な計画を立てる

4.計画を小さなステップに分ける

  • 大きな目標を持つと気が遠くなる。そこで、それをコントロール可能な単位に分けていく。

5.即興的に、臨機応変に対処する

  • いろいろな障害に対して柔軟に対応していく。

 

 

上記をどう考えれば良いか。

 

前述のように、長年にわたって成功に関する研究をして僕が辿り着いた結論、つまり「こうすれば成功する」という理論とほぼ同じ内容でした。

僕の言葉で言い直してみると、ある目標を掲げてそれを達成したい(≒成功したい)と思った時に最も効果的な戦略は、

(1)ゴールを詳細に定義してイメージすること(上記で言う「3」)

(2)ステップを短期目標にブレイクダウンすること(上記で言う「4」)

の2つだと思っています。上記で言う「2」や「5」は、この2つの戦略が出来ていれば自然と出来るようになるはず、というのが僕の考えです。

正確言えば、(1)(2)とも、もう少し細かいルールやコツがあるのですが、面倒であれば上記2つを意識していればある程度の効果を発揮するでしょう。

ただ、それにも増して重要なのことは、大前提として、

(0)本当に達成したい目標(ゴール)を設定すること(上記で言う「1」)

という点であり、これがわりと難しいのではないかと思います。

色々な人に「宝くじが当たったら何が欲しい?」「何でも叶うとしたら何をする?」というような質問をしますが、「家を買う」とか「貯金する」、「海外旅行をする」といったような一般的な回答以外の内容を返してくれる人はかなり稀です。

無論、家を買うとか貯金するという目標が悪いという訳ではないのですが、「本当に達成したい目標」とは、おそらく自分独自の価値観や好きなことや世界観、理想像みたいなものが反映されたものであるはずで、それは決して画一的な答えになることはないはずです。100人いれば、100人の個性に富んだ目標が存在するはずだと思うのです。

逆に言えば、「本当に達成したい目標」が設定できたなら、そのモチベーションやプライオリティは人生の中で最高位に位置づけられるはずで、その時点で達成される確率が限りなく高くなるのではないかと思います。

 

 

私的な今日のまとめ。

 

  • 「本当に達成したいこと」を考えよう!