「引き寄せの法則」とか「アファメーション」という言葉を耳にしたことがあると思います。

人によって、こういったスピリチュアルな世界観が大好きな人と、馬鹿馬鹿しく思う人と、大きく分かれる概念なのではないでしょうか。

驚くことに、世界で最も支持されている「ビジネス書」の1つである、この『7つの習慣』の中に、この「アファメーション」手法が紹介されているのです。

本日はこれを見ていきたいと思います。

 

こんな本に書いてありました。

 

『7つの習慣』(スティーブン・R・コヴィー)

 

 

※アマゾンの紹介文より

本書は1990年に初版が出版されたときにセンセーションを巻き起こしており、以来1,000万部以上を売り上げ、ビジネス書として今でもベストセラーを続けている。著者のスティーブン・コヴィーは、国際的に高い評価を受けるリーダーシップ研究の第一人者。真に成功を果たすには個人としての有効性と職業としての有効性をバランス良く備えることが重要だと認識しており、それを反映して本書は、この2つの領域でより効果的に行動するための手引書となっている。ここで引用される具体例では、ビジネス上の課題を題材にしたものと同じくらい家庭内における状況を数多く取り上げている。

7つの習慣を身につける前に、コヴィーが「パラダイムシフト」と呼ぶところの、世の中の仕組みに対する認識と解釈の転換をまず実現する必要がある。著者はこの転換の実現を支援し、生産性、時間管理、前向きな思考、「予防的に働く筋肉」(何かに反応するのではなく自発的に行動すること)の開発など、他にも多くのことに関する認識と行動に影響を与えている。

本書は明日からでも実践できることを謳い文句にしたヒント集ではない。そのコンセプトは時に複雑であるため、流し読むのではなく、じっくりと腰を据えてここから学び取りたいと感じる筈である。読み終えたときには、どの章にも付箋や手書きの注釈が数多く残され、コヴィーの集中セミナーに参加したような充実感に満たされることだろう。

 

 

これが『7つの習慣』が教える「アファメーション法」です。

 

 

・自分の価値観を反映した「自己宣言(アファメーション)」文を作る

・「自己宣言」文は、以下の5つ要素を含んでいなければならない

 ①個人的なもの

 ②肯定的なもの

 ③現在進行形のもの

 ④イメージ出来るもの

 ⑤感情を表したもの

・これを毎日数分間、体と心を完全にリラックスして、その宣言文通り実行している自分の姿をイメージする

・イメージの中の、椅子の座り心地、床の感触、着ているセーターの肌触りまで、細かく心で感じ取る

これを繰り返し行なっていれば、行動は変わり始める

 

 

上記をどう考えれば良いか。

 

いかがでしょうか。ロンダ・バーンの「引き寄せの法則」やシャクティ・ガワインの「CV法」、あるいはナポレオン・ヒルの「願望達成の6箇条」と驚くほど類似しているのがわかるのではないでしょうか。

これはいわゆる、「アファメーション法」と呼んで差し支えないでしょうし、コヴィー自身が「これを繰り返し行なって行動は変わり始める」と述べており、その効果を認めていると考えて良いでしょう。

ただし留意すべき点は、「必ずその宣言(願望)が叶う」と言ってもいなければ、よくスピリチュアル系の自己啓発書にあるように、「宇宙意識が願望を引き寄せる」というような説明の仕方をしている訳ではないという点です。

コヴィーは、イメージ化と自己宣言は一種のプログラミングであるから注意が必要である。自分の奥底の価値観と調和されない一切のプログラミングに、自分の身を委ねてはならない」とも述べており、有体に言えば一種の自己暗示であり、心理学的手法の範疇(コヴィーは「プログラミング」という言葉で表現しています)を示唆しています。

そして個人的には、心理学的手法の範疇であるがゆえに、神秘でもなければ、決して怪しい手法という訳でもなく、自分の行動を変えるための非常に効果的な手法であると考えています。

実践していないとしたら、ぜひ実践してみると良いと思います。(僕自身は毎日の習慣としてもう7~8年ほど実践しています。)

 

 

私的な今日のまとめ。
  • 自己暗示としての「アファメーション法」をとり入れてみよう!