ヘンリー・フォード氏は、アメリカの自動車メーカー、フォード・モーターを創業した「自動車王」として知られています。

歴史上の億万長者の中でもベスト10に残るほどの資産家であったと言われています。

彼の成功哲学を見ていきましょう。

 

こんな本に書いてありました。

 

『藁のハンドル』(ヘンリー・フォード)

 

※アマゾンの紹介文より

アメリカの自動車王ヘンリー・フォードは、今世紀のはじめ今日の資本主義の基礎を築いた起業家のひとりであり、自動車の大量生産方式を確立した人物である。大企業の目的は人々を貧困の辛い労働から解放し生活を楽しめるようにすること、と語った彼の生涯。

 

 

彼の成功の秘訣を探る。

 

同書から、彼の成功哲学を拾ってみたいと思います。

  • 仕事と遊びの時間のバランスをとる

 

 

上記をどう考えれば良いか。

 

『藁のハンドル』には彼の考え方などが記されていますが、成功要因と推測できそうな彼の出来事やエピソードなどが少なく、読み取れたのは上記くらいでした。

ただ、彼自身が「仕事と遊びのバランスをとる」という重要さをかなり強調して書いています。そしてその本質には、彼が徹底した合理主義者だったということがあるように思います。

彼はライン生産方式による大量生産技術を確立する一方で、賃金の引き上げや1日8時間労働、週5日労働など職場環境の改善にも努めました。それは、個人技に依存する技術だったり、長時間仕事をする方が美徳、みたいな旧弊とした考え方を打破するものだったと言えます。

もう少し演繹させて言うのであれば、働くときは集中して働き、休むときは休む、遊ぶときは遊ぶ、というメリハリ、選択と集中こそ生産性を向上させることを知っていたのでしょう。日本は労働生産性が世界でも最下位と言われ、だらだらと残業をしたり、深夜残業や徹夜を良しとする風潮がいまだに残っていますが、本当にそれが仕事の成果とモチベーションを高めるものなのか、考える必要があるのではないでしょうか。

 

私的な今日のまとめ。

 

  • 働くときは集中して働き、遊ぶときは徹底的に遊ぼう。