ハワード・ヒューズは、アメリカの実業家で、「地球上の富の半分を持つ男」とまで言われた、20世紀を代表する億万長者として知られます。

以下の書籍から、彼の成功哲学を見ていきましょう。

 

こんな本に書いてありました。

 

『ハワード・ヒューズ』(ジョン・キーツ)

 

※アマゾンの紹介文より

18歳で父親の大企業を引き継ぎ、巨万の富を手に入れたハワード・ヒューズは、単身ハリウッドにのりこみ、『地獄の天使』『ならず者』など空前のヒットを飛ばす。一方幼い頃からの夢であった航空機事業にも着手し、数々の飛行記録を更新する。欲しいものすべてを自分のものにし、ハリウッド女優たちとのロマンスで世界を沸かせながらも、晩年には孤独な隠遁生活を選んだ天才の謎に満ちた人生を暴く名作ノンフィクション。

 

 

彼の成功の秘訣を探る。

 

同書から、彼の成功哲学を拾ってみたいと思います。

  • 夢中になれるものに没頭する(それ以外のことに無関心になる)

 

 

上記をどう考えれば良いか。

 

彼は、飛行機以外のことにはまったくと言っていいほど無関心で無頓着だったと言います。

若くして資産家になり、しかもハンサムだった彼は当然ながら女性にとてもモテたようですが、デートの約束をしても平気ですっぽかしたり、たとえ会えたとしても一緒に飛行家や機械工などがいて、彼らと飛行機の話で夢中になっていたそうです。
また身なりもほとんど気を使わなかったようで、ある雨の夜、ボロボロの格好で歩いていた彼は不審者と間違われて警察に連行されたというエピソードが伝えられています。

 

1万時間の法則」という言葉があります。

どんな世界でも一流と言われるレベルになるには1万時間ほどの時間を費やすことが必要と言われていますが、何かで成功を収めるための最もシンプルなやり方は、そのことに多くの時間を費やすということだと思います。

そして、相対的にそれに費やす時間を増やすためのやり方の1つは、ヒューズのように「他のことには一切無関心になる」ということです。アップルのスティーブ・ジョブズやFacebookのマーク・ザッカーバーグが同じ服ばかりを好んで着るのは有名な話ですが、これもまったく同じ理由でしょう。つまり、自分の人生を懸ける領域以外のことに費やす時間とその思考に煩わせられる手間を少しでも減らす、ということでないかと思います。

 

私的な今日のまとめ。

 

  • 自分の成功のかかった領域以外のことには(意図的に)無関心になろう