サム・ウォルトン氏は、世界最大の小売業者、ウォルマートを創設した人物です。「フォーブス」によると、1985年から1988年まで世界一の富豪だったようです。

下記の書籍から、彼の成功哲学を見ていきたいと思います。

 

 

こんな本に書いてありました。

 

『私のウォルマート商法 すべて小さく考えよ』(サム・ウォルトン)

 

※アマゾンの紹介文より

創業以来わずか40年で売上高世界第1位に急成長した、小売業チェーンのウォルマート。創業者サム・ウォルトン亡き後も、その経営哲学・ビジネス戦略は受け継がれ、ついに世界を席巻した。田舎町の商人から巨大企業へと導いたサムの起業理念、不屈のケチ精神、比類なきアイディア、お客や従業員への思い、家族への愛など、身近な人々のエピソードで綴った自伝。ビジネス成功への鍵はここにある。

 

 

彼の成功の秘訣を探る。

 

同書から、彼の成功哲学を拾ってみたいと思います。

  • 見栄を張ることにお金を使わない
  • 成功者を称賛し、真似する
  • スポーツをする(競争心を養う)
  • 出会う人すべてにこちらから声をかける
  • 競合を観察し、模倣する
  • 毎朝、何か改善しようと決心して起きる
  • 全てを黄色いノートにメモする
  • 1商品を選んで魅力を引き出す
  • あらゆる競争相手を研究し、長所を探す
  • 相手が疲れるまで一貫して主張して通す
  • クレイジーなことをする
  • 贅沢をしない
  • 3m以内にお客さんが来たら必ず「何かお手伝いしましょうか?」と尋ねる
  • 逆流に向かう

 

 

上記をどう考えれば良いか。

 

上記を見ると、色々な成功者が語る「成功要因」の殆どを彼は実践していたのだなあと感心します。

幾つか、僕が思うポイントを挙げてみたいと思います。

 

1.誰にでも声をかけ、ファンを作る

彼はコミュニケーション能力が非常に高く、誰からも慕われていたようです。その秘訣は、相手の身分に関わらず、気さくに話しかけ、誰に対しても長所を見るようにしていたようです。それによって、彼のファンを増やしていっています。

2.相手を模倣し、いいところを盗む

そして同時に、彼はただの「いい人」ではなく、相手のいいところを見抜き、1つでも自分(自社)より優れているところがあれば、堂々と模倣し、盗んでいったそうです。ある能力開発研究によると、一流の道を目指すならまず「模倣する」ことが最も有効な習熟方法だと言いますが、彼はこれを愚直に実行していたのです。

3.いいところを引き出し、アピールする

2とも似てますが、彼は自社製品の1つをとりあげては、その商品のアピールポイントを探し、それを訴求するのが抜群にうまかったようです。これは小売店としては決定的なスキルだと思いますが、それもこれも「いいところを見つけよう」という意識を常に働かせていたからできたのだと推測されます。

4.何でもメモする

マーク・ザッカーバーグなど、優れた権力者には多いと言われている習慣ですが、彼はいつも黄色いノートを持ち歩き、何でもとにかくメモすることを徹底していたそうです。メモをとると、あとで見返すことが出来ることに加え、情報を整理して熟考することに繋がるので、優れたアイデアが創出しやすくなると言われています。

5.相手が何と言おうと主張を押し通す

成功者たちはどんなに反対されても、自分が正しいと思ったなら、頑強に自分の意見を押し通し、決して曲げることはありません。自身が認めているように、ウォルトンもまたそうだったようです。それくらいの意志がなければ、世界一のお金持ちになり、世界一の小売業の経営者にはなれないのでしょうね。

 

 

私的な今日のまとめ。

 

  • 誰にでも声をかけ、ファンを作れ。
  • 相手を模倣し、いいところを盗め。
  • いいところを引き出し、アピールせよ。
  • 何でもメモせよ。
  • 相手が何と言おうと主張を押し通せ。

 

※詳しくは拙著、『大富豪の伝記で見つけた 1億稼ぐ50の教え』でご確認ください!