昨今、「レジリエンス」という言葉を耳にすることが多くなってきました。Wikipediaによれば、「極度の不利な状況に直面しても、正常な平衡状態を維持することができる能力」と定義されており、一般的には辛い状況下でも立ち直れる力、みたいな意味で使われることが多いように思います。

今日は下記の本より、「折れない心」を作る方法を見てみたいと思います。。

 

 

こんな本に書いてありました。

 

『折れない心のつくり方 人生が変わる21日間プログラム』(ゼラーナ・モントミニー)

 

※アマゾンの紹介文より

折れない心を手に入れるための、3週間の基礎プログラム。“レジリエンス(折れない心、逆境力)”がみるみる育つ大人のドリル。1日1ステップ×21日間。疲れた心に効く「しあわせの処方箋」。

(著者略歴)

モントミニー,ゼラーナ
心理学博士。ポジティブ心理学、ヘルスケア・ウェルネスの専門家として“グッドモーニング・アメリカ”“トゥデイ”といった全米ネットワークTV局の人気情報番組で活躍。コーネル大学で栄養学を専攻したのち、臨床心理学で博士号を取得。全米心理学会メンバーで、応用ポジティブ心理学の研究機関コンサルタントを務める。夫と二人の子供とともにロサンジェルス在住

 

 

これが「折れない心を作る方法」だそうです。

 

■自分

  • 習慣にする
  • 希望を抱く
  • 健康になる
  • コントロールする
  • ユーモアを大切にする
  • 自尊心を持つ
  • 自分を知る

 

■精神

  • 楽観的になる
  • マインドフルネス
  • 高潔を目指す
  • 精神性を重視する
  • 柔軟でいる
  • 忍耐強くなる
  • 受け入れる

 

■社会

  • 独創的になる
  • 心の知能を磨く
  • 目的を持つ
  • 問題を解決する
  • 人とつながる
  • 人に尽くす
  • 感謝する

 

この中からレジリエンスに特に重要だと思われる「希望を抱く」と「自尊心を持つ」を見てみようと思います。

 

 

 

これが「希望を抱く」方法だそうです。

 

■イメージする

  • 目標を達成した自分をイメージし、どんな報酬を手に入れているかを思い描く
  • 想像でも自分の心を覗き込むことで目標を叶える自信が湧いてきて、意欲を集中力が持続する
  • 上司との面談で昇進の見込みはないと感じたら、昇進した自分をイメージしてみる
  • 新たな肩書と新たなオフィスを思い描き、昇進したことを友達に話す場面を想像すると、やる気が湧いてくるはず

 

■常に触れる

  • ビジョンボードという目標達成法をもう一歩推し進める
  • 自分が撮った写真や言った言葉、言われた言葉でお気に入りのものを選ぶ(自分とつながりがあるものから希望を見つける方が有効である)
  • 選んだ写真や言葉を毎日目にする場所に貼る(例えばマグカップやマウスパッドでもいい)
  • 希望とのつながりが感じられて、かつ、あなたにとって大きな意味があるアイテムで家の中をいっぱいにすると、あなたの貴重な体験や大事な人を通して失いかけている希望を取り戻すことができる

 

 

これが「自尊心を持つ」方法だそうです。

 

■書き出す

  • あなたが得意なこと、かつてうまくいったことを5~10個ほど紙に書き出す
  • 仕事、交友関係、趣味、創作活動など、何でも良い
  • 自分に出来ないことではなく、出来ることに目を向ければ、自信が湧いて、自尊心が生まれ、折れない心が強くなる

 

■励ます

  • 自分を励ましていると、続けているうちにその言葉が真実に思えてくる
  • 言葉の響きで脳が刺激され、ホルモンのバランスが整って、リラックスして、ポジティブなイメージを受け入れやすくなる
  • 「私は強い」「私は美しい」「私は謙虚」「私は何でもできる」など、今の自分に言い聞かせたいことであれば何でも良い

 

 

上記をどう考えれば良いか。

 

彼女が「折れない心を作る方法」として挙げている項目は、よく幸福研究系の書籍に出てくるものが多く、特に目新しさはありません。

上記でピックアップした「希望を抱く」方法と「自尊心を持つ」方法も、ありがちなものですが、経験上、効果があると実感できたので、とりあげてみました。

特に、「常に触れる」「書き出す」という2つの項目がポイントです。よくポジティブ思考を身につける方法として、「希望に満ちた言葉を言う」などの方法が挙がりますが、あまり自分が信じていないような言葉を口にしたり、貼り出したりしても、あまり効果はありません。(少なくとも僕はそうでした。)

ただ、「誰かに言われた言葉」だったり、「自分でも評価できる自分の長所」だったりすると、自分でもそれを信じやすいので、受け入れやすく、ポジティブなマインドに醸成しやすくなります。何より、毎日誰かにホメられているみたいで、自分がいい気持ちになります。

あと、「希望を抱く」方法として挙げた2つは、そのままアファメーション手法として捉えることができますが、アファメーションが願望達成だけでなくレジリエンスにも効果があるというのが、個人的には面白いと思いました。

 

 

私的な今日のまとめ。

 

  • 自分が「信じられる」ポジティブな言葉を貼ろう/声に出そう
  • アファメーションはレジリエンスにも効果がある