「成功者」たちを科学的に調べた研究結果はたくさんありますが、以下もその重要な成果の1つと言って良いでしょう。

しかもかなりの時間をかけて、精緻な調査と分析を加えています。彼らは「永続的な成功を収めている人」=「自分自身の成功を定義し、最低20年以上その分野で長く続く影響を与えられるようになった人」を「ビジョナリーな人」と呼び、彼らを成功に導いた要因を分析しています。

今日はこれを見ていきたいと思います。

 

 

こんな本に書いてありました。

 

 ソースは以下になります。

 

 『ビジョナリー・ピープル』(ジェリー・ポラスほか)

 

 

※アマゾンの紹介文より

 

自分の道を追求しつづける人たちがいる。

ひたむきに、真っ直ぐに、生きていく人たちがいる。

自らのビジョンに向かって突き進み、彼らは新しい時代を切り拓く。

彼らは、世界に変革を巻き起こす。

そんな人々を、「ビジョナリー・ピープル」と呼ぶ。

ネルソン・マンデラ、ダライ・ラマ、ジミー・カーター、リチャード・ブランソン、ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズ、ヨーヨー・マ、U2のボノなど、世界各国、200人以上のビジョナリー・ピープルに、歴史的名著『ビジョナリー・カンパニー』の著者らが10年間にわたりインタビューを実施。徹底した分析により、成功者の条件を明らかにした。

人は、何のために生きるのか。

私たちは、いかに生きるべきなのか。

自分の道をすすむ勇気が湧いてくる。

 

(著者について)

ジェリー・ポラス

スタンフォード大学ビジネススクール名誉教授。ジム・コリンズとの共著『ビジョナリー・カンパニー』は25か国語に翻訳され、全世界で100万人以上の読者を獲得。専門は組織行動・組織変革。世界をめぐって経営者に対して先見性のある企業についての講演を続けている。

 

スチュワート・エメリー

ヒューマンポテンシャルムーブメント生みの親のひとり。アクチュアライゼーションズ社の初代CEO。多数の国でセミナーを開催、これまで30年の間に12,000人以上の人たちを指導。コンサルタントとして、一世を風靡したマスターカードの”プライスレス”キャンペーンを主導した。

 

マーク・トンプソン

コーチ/アドバイザー。シュワブドットコムの元エグゼクティブ・プロデューサー。本書の基礎となった数多くの資料を、世界中のビジョナリー・ピープルとの個人インタビューを通して収集分析。フォーブス誌による評価では、アメリカ国内一流のベンチャー投資家とされる。

 

 

これが「長期的に成功している人」に共通する7つのルールです。

 

 

「ビジョナリーな人」(永続的な成功を収めている人:自分自身の成功を定義し、最低20年以上その分野で長く続く影響を与えられるようになった人)の成功要因には以下のようなものがあったと言う。

 

(意義)

  • 自分の好きなこと、生きがいにひたすら情熱を傾けている

 

(思考スタイル)

  • 世界を変えよう、良くしようという大義を持っている
  • 失敗を失敗で終わらせず、そこから学習して次に繋げる
  • 弱点は克服せず、うまく付き合い、時には利用する

 

(行動スタイル)

  • BHAG(乗るかそるかの冒険的な目標)を設定し、その達成に命を縣ける
  • 論争や対立を恐れず、それを通してより良いにアイデアにブラッシュアップさせる
  • 自分の夢に共感してくれる人を結集させる

 

 

 

上記をどのように考えるか。

 

これまで、数多くの「成功者研究」を見てきましたが、その研究結果にも共通するのは、「好きなことをする」という要素でしょう。成功するための道は数あれど、この要素こそが、最も本質的かつ絶対の「成功術」だと思うし、これをきちんと見出している人は、極端な話、他の努力は必要ないとすら思います。

あとは、個人的に納得感があるのが、「大義」というキーワードです。「好きなこと」という自分からのベクトルのみのモチベーションはどこかで限界を迎えます。その際に自分を後押ししてくれるのは「このことが誰かを(世界を)幸せにできるだろう」という「大義」だと思っています。そしてその2つがモチベーションとしてあれば、行動スタイルは後でついてくるのでは?というのが僕の仮説です。

 

それにしても、翻訳が悪いのか、経営学者が書いた本というのは、ピラミッド構造になった文章で書いてあることが少なく、ポイントをまとめるのが非常に難しいです。端的に言うと、非常に文章が下手だなあと。もう少しポイントはこの6つです、何故なら~、みたいな感じでピラミッド構造を意識して書いてくれるとわかりやすいのになあ。。。と思います。

 

私的な今日のまとめ。

 

長期的な成功を得るために

  • 好きなことをしよう
  • 「大義」を見つけよう