これまでも、自分の才能や強みを知るための分析手法を幾つかご紹介しました。

 

才能を特定するための8つのキークエスチョン

自分の「強み」を特定して人生に活かす方法

 

以下でご紹介するのは、これらに類する、自分の「天分」を知るための分析手法です。

 

 

こんな本に書いてありました。

 

ソースは以下になります。

 

『お金持ちになれる1分間の魔法』 (マーク・ヴィクター・ハンセン/ロバート・アレン)

 

 

※アマゾンの紹介文より

 

シリーズ累計8000万部の超ベストセラー『こころのチキンスープ』のマーク・ハンセンと、不動産投資のミリオンセラー『Nothing Down』のロバート・アレンとのタッグにより実現した、注目の億万長者養成講座。ページの右半分がストーリー仕立ての「物語篇」、左半分が解説調の「実践篇」になっているという、異色の1冊である。

「物語篇」では、夫を交通事故で亡くしたミシェルが、下っ端ウェイトレスからはい上がり、見事ミリオネアとなって、子どもを意地悪い義父から取り戻すまでが描かれている。仕事中に偶然出会ったお金持ち、サマンサが、ミシェルに100万ドルを稼ぎ出すため与えた教訓とは何か。刺激的なストーリーが展開されている。

「実践篇」では、お金を生み出す天才ロバート・アレンが、ステップ・バイ・ステップで、億万長者になるための心構えと、お金持ちなら誰もが知っている「梃子効果」、師匠や「ドリームチーム」を持つことの重要性、ネットワークの原則、「富を生む7つの技能」などについて解説していく。『Nothing Down』で披露した不動産売買の極意や自分の知識を本にして売る技術など、具体的なお金儲けのアイデアについても触れられており、大変興味深い。

前書きにもあるように、学習様式は人によって異なり、右脳で視覚的に理解する人と論理的に学ぶ人がいる。ストーリー形式で読むか、解説形式で読むかは読者しだいだが、実践に重きを置くならやはり両方読んでおきたい。

億万長者たちが持っている思考の枠組みをきちんと理解し、アイデアを得、実践するために必要な情熱を得るまでのあらゆる情報が網羅された、バランスの良い1冊である。自分の知識を売って豊かになりたい人や、これから起業する人、働いても働いても生活が豊かにならない、と悩んでいる人には、ぜひおすすめしたい1冊だ。

 

 

これが自分の「天分」を知るための4つの質問です。

 

  1. わたしは何がしたいのか?(情熱)
  2. わたしは何が得意なのか?(才能)
  3. わたしにとって何が重要なのか?(価値)
  4. わたしは何のために生まれたのか?(運命)

 

 

以下が詳細です。

 

 

 

1.わたしは何がしたいのか?(情熱)

  • どんな活動に満足を感じるか?
  • 人生の何に興奮を感じるか?
  • 心に秘めた野望とは?
  • 趣味は?

 

2.わたしは何が得意なのか?(才能)

  • 何をしたときにほめられるか?
  • 過去のわたしは何に秀でていたか?
  • どんな分野で成功してきたか?
  • 自分の強さとは?

 

3.わたしにとって何が重要なのか?(価値)

  • 豊かだったら何をするか?
  • 何と戦うか?
  • 何と戦わないか?
  • 何のためなら人生を賭けるか?

 

4.わたしは何のために生まれたのか?(運命)

  • わたしの人生に課せられた使命とは?
  • 神はわたしに何をさせたいか?
  • わたしにだけ与えられた機会とは?
  • どこで他人との差異を創り出せるか?

 

 

 

上記をどう考えれば良いか。

 

「ハリネズミ分析」や「PMS分析」と同じような手法ですが、皆少しずつ観点が異なるのが面白いところです。

  • ハリネズミ分析」では、「才能(得意)」「情熱(好き)」「経済的価値」の3点。
  • PMS分析」では、「才能(得意)」「情熱(好き)」「意義」の3点。
  • 「天分リスト」では、「才能(得意)」「情熱(好き)」「価値」「運命」の4点。

いずれも共通するのは、「才能(得意)」「情熱(好き)」の2点です。この2点の観点は自分の方向性を決める上で当然重要な要素になる訳ですが、「天分リスト」ではそれ以外に「価値」と「運命」という観点も重視しています。

「価値」(或いは「価値観」)は、自分の基本的な優先順位を表すものであり、全ての行動の判断基準になるべきものですから、この観点もやはり重要でしょう。

もう1つ面白いのは「運命」(或いは「運命観」)でしょう。別記事で書く予定ですが、ある研究によると、仕事上でハイ・パフォーマンスを上げられる人に共通する要素の1つは、「使命感」だそうです。「情熱」や「価値」、あるいは「意義」とももしかしたら似通ってくるでしょうが、「私に課せられた運命は何か?」という観点の問いもまた、自分の方向性を考える上で重要と考えて良いでしょう。

色々な角度から自問自答を繰り返し、答えを出しやすい質問で自分の内面にアプローチしていくと良いでしょう。

 

私的な今日のまとめ。

 

自己分析にあたって、以下を考えよう。

  • 好きなもの、得意なものは何か?
  • 私に課せられた運命は何か?