アファメーションを行なう際に、唱える「宣言文」の文言が必要になります。(変な日本語ですが)

 

この文言の例文集みたいなものが書いてあったので、そちらを引用してみたいと思います。

 

 

こんな本に書いてありました。

 

 

『人生を開く心の法則』 (フローレンス・スコヴェル・シン)

 

 

※アマゾンの紹介文より

芸術家、イラストレーターであり、ヒーリングと問題解決の援助によって知られていた著者が書いた、真の幸福を得るための精神世界への導きの書。原著は1925年に出版された。

 

これがアファメーションの文言例です。

 

■反映のために

「神は私への尽きることのない供給であり、多額のお金が恵みのもとに、完璧な方法で、即座に私のもとへやってきます」

 

■正しい状況のために

「天におられる父なる神により計画されていないことは全て雲散霧消し、神のアイデアが今実現化されます」

「神の真実のみが私の真実です。私と父なる神はひとつだからです。」

「神の愛は今、私のマインド、肉体、出来事の中の、間違った状況を全て消し去ります。神の愛は宇宙で最も強力な薬であり、本来のそれ自身でないものを全て雲散霧消させます。」

 

■信頼のために

「私は神と一つなのだから、私の善とも一つです。神は与える者であり、賜者でもあるからです。与える者と賜者を分離することはできません」

 

■健康のために

「神の愛は私の意識を健康で溢れさせ、私の体の全ての細胞は光で満たされています。」

 

■洞察のために

「私の眼は神の眼であり、霊の眼で私は見ます。私は開かれた道を明確に見ます。私の道には何の障害もなく、私は完璧な計画を明らかに見ます。」

 

■導きのために

「私は直観の導きに素晴らしく敏感であり、神の意志に即座に従います。」

 

■癒しのために

「私の耳は神の耳であり、霊の耳で私は聞きます。私は無抵抗であり、進んで導かれます。私は大きな喜びの福音を聞きます。」

 

■正しい仕事のために

「私は肩癖な仕事を、完璧な方法で得る。そして完璧な奉仕をして、完璧な収入を得る。」

 

■全ての拘束からの自由のために

「私はこの重荷を内なるキリストにお渡しして、自由になります!」

 

 

 

以下がポイントです。

 

 

人が声に出すものは何であれ、言葉の「振動性」がそれを引き寄せる。

 

 

 

 

上記をどう考えれば良いか。

 

「ポイント」にあるように、言葉の「振動性」がそれを引き寄せるそうです。「振動性」が何と言うワードを翻訳したものかわかりませんが、文字通り解釈すると、その言葉に「いかに共感できるか」がポイントになるのかもしれません。そういう意味だと、あまりにキリスト教の匂いがする上記の言葉をそのまま日本人が使うのはちょっと厳しいでしょう。

ただし、0から自分で文言を作るのもちょっと辛いと思うので、上記の文言例をもとにアレンジを加えると良いと思います。自分にぴったりの文言を考えてみましょう。

 

私的な今日のまとめ。

 

  • アファメーションの文言をアレンジしよう。