以前ご紹介した、「人生に奇跡をもたらす7つの法則」。

この中に、願望達成のコツについて書かれたものがあるので、そちらをご紹介したいと思います。

シンプルですが非常に要点をおさえています。

 

 

こんな本に書いてありました。

 

 

 『人生に奇跡をもたらす7つの法則』 (ディーパック・チョプラ)

 

 

※アマゾンの紹介文より

 精神的豊かさと経済的な豊かさは、しばしば対立するものと思われている。成功のためには、多かれ少なかれ汚いことをする、清らかに生きるとは貧しくなければならない、と多くの人が考えてはいないか。

しかし本書の著者、D・チョプラはそうではないと語る。本書は、そのための理論と実践を説いたスピリチュアルな書である。

著者はインド出身のアーユルヴェーダの医者であり、米国では著名な人物。彼の教えは、古代インド哲学、量子物理学、システム科学に基づいている。とはいえ、決して難解なことを唱えているのではない。実用的な7つのメンタルトレーニング法を教えている。

(1)宇宙のあらゆる可能性を秘めた力を感じる (2)受け取ることより与えること (3)すべての出来事は原因と結果がある (4)自然の法則に従う (5)明確な目的と夢を持つ (6)結果へのこだわりを捨てる (7)自分にしかできないことに気づく等々。

30カ国で翻訳された勇気づけのバイブルである。

 

 

これが「意図と願望の法則」だそうです。

 

  1. 願望リストを作り、常に携帯し、瞑想に入る前、夜眠る前、朝起きた時、それを見る
  2. その願望通りになっていないと思う時も、決して叶うことを疑わない
  3. その願望への注意を持ち続ける

 

 

上記をどう考えれば良いか。

 

ここでは、他の手法と違って、「声に出して読む」とか「イメージする」とかということまでは書かれていません。「常に携帯する」「頻繁にそれを見る」という、それだけです。

実際に声に出して読んだりイメージをしたりする方が効果は高いと思いますが、ミニマムで言うと上記だけでも願望達成の確率は飛躍的に高くなるでしょう。

何故なら、その願望が常に頭のどこかにある人とまったくない人と比べれば、明らかにその行動に違いが出てくるであろうことは容易に想像がつきますし、行動が変われば結果に紐づいていくからです。要するに、無意識がうんたらとか深層心理がどうとかややこしい話以前に、「願望を意識して(或いは無意識に)行動している人ほどその願望が叶う」というごく単純な統計的事実を述べているにすぎません。

そういう意味でそうしたことをシンプルに述べた、素晴らしい法則だと思います。

 

私的な今日のまとめ。

 

  • 願望を意識して(或いは無意識に)行動している人ほどその願望が叶う