ポジティブになり、セルフイメージを高める方法は幾つかあります。

基本的には、「ポジティブになるにはポジティブなものと触れ合っていればいい」というルールがシンプルで好きなのですが、イメージの中で「自分を褒める」トレーニングによって自尊心を高めていく方法があります。

 

今日はこちらをご紹介しようと思います。

 

ソース

 

 ソースは以下になります。

 

『理想の自分になれる法』 (シャクティ・ガワイン)

 

 

※アマゾンの紹介文より

お金、仕事、人間関係、恋愛…。どうしていままでこんなに悩んで、うまくいかなかったのか。夢を実現させるCV(創造的視覚化)法を身につけられるテクニック・ガイド。

 

 

概要

 

 

「自分を褒めるイメージ法」は次のようにやります。

 

  • 誰かがあなたを尊敬の眼差しで見ながら、あなたのことを褒めるところを想像する
  • 更に何人かがやってきて、あなたのことを褒めているところを想像する
  • 更に大勢の人がやってきて、あなたのことを愛情の眼差しで見ているところを想像する
  • ステージの上でみんなの拍手を浴びている自分を想像する
  • 拍手喝采の音に耳を傾け、立ち上がって、お辞儀をして、みんなにお礼を言う

 

 

 

解説

 

僕みたいに自分に甘くて妄想好きなタイプの人だと、今更こんなエクササイズをしなくても、よくこんな感じで自分が偉くなったり褒められたりしている妄想をしている人もいるかもしれません。そうしたイメージをすることは、自己啓発という観点から見てまったく悪いことではないので、どんどん取り組むといいと思います。

 

ただ、もともとあまり自尊心が高くない、自分に自信が持てないというタイプの方は、いきなりこうしたイメージをするのは難しいかもしれません。

冒頭書かせていただいたように、もっと簡易なやり方として、個人的なオススメは「ポジティブなものを触れる」という方法です。自分の好きな曲を聞く、好きなタレントのポスターを貼る、前向きな人と付き合う、明るくなれる言葉を読む…。人間は影響されやすい動物なので、こうしたことは簡単なようで効果は高いと思います。

また、もう1つのオススメは、「得意な分野で少しずつ達成していく」という方法です。苦手な分野で頑張るのは勇気が要りますが、得意な分野や好きなことに取り組むのはそこまでハードルは高くないでしょう。そうした分野で、小さくても達成感を味わうことで、少しずつ自信がついてきます。

 

ただ、そうした現実的な方法よりも、イメージや妄想の方が性に合っている人は、この「自分を褒めるイメージ法」は有効だと思います。