落ちこみから脱出する方法として、「ABCDEモデル」や「SBNRR法」など様々な方法をご紹介してきましたが、下記で紹介するのは「気分転換」の方法です。

気分転換の方法は人それぞれですが、以下はポジティブ思考な人たちが試している方法のまとめのようです。

 

 

ソース

 

 ソースは以下になります。

 

 『運のいい人の法則』 (リチャード・ワイズマン)

 

 

※アマゾンの紹介文より

世の中には、「運のいい人」と「運の悪い人」がいる。英国の心理学者リチャード・ワイズマン博士は、幸運と不運を隔てるものに興味を抱き、「運の科学的研究」を開始した。ちょっとしたアンケートから始まった調査は10年の長期に及び、協力者は数百人に上った。その結果、博士は「運のいい人」に共通する“四つの法則”に辿り着く。さらに、運は考え方と行動で変えられるという―。世界30カ国でベストセラーとなった“運”の科学書、待望の文庫化。

(著者略歴)

ワイズマン,リチャード
図書館で見つけた本に惹かれ、10歳でマジックに目覚め、20代前半には世界を舞台に活躍するようになる。その後、マジックの裏にある人の心理に強い関心を持ち、ロンドン大学で心理学を専攻、エジンバラ大学で博士号を取得、ハートフォードシャー大学で研究室を持つまでになる。研究者として活躍する傍らビジネス・コンサルタントとして企業で講演することも多い

 

 

概要

 

自分が幸運だと思っている人が行なっている「気分転換」の例は以下の通りです。

 

  1. 運動をして体を動かす
  2. 面白くて笑える映画を見ながら、ストーリーに入り込む
  3. 20分ほどかけてこれまでに経験した幸運を思い出し、その時の状況や気分を脳内再生する(写真などがあると尚良い)
  4. 楽しくなる曲を聴き、音楽に浸る
  5. 友人に会って、相手の近況を聴く

 

 

解説

 

挙げられている5つの方法のうち、「1.運動」や「3.幸運な出来事を思い出す」などは、気分を良くして幸福度を高める科学的な方法になります。

それ以外の3つも、おそらくは憂うつな気分を抑えて楽しい気分を高めるのに有効な方法ではないかと思います。

どの方法が良くてどの方法が悪いということはないので、大事なことは自分が合った気分転換方法を選び、憂うつな気分を引きずらないことだそうです。

ご参考にしていただければと思います。