史上最も偉大な経営学者として、今でもその死を惜しまれる、ドラッカー。

彼の著作や論文は、企業マネジメントや社会論などが多い印象がありますが、本書、『プ

ロフェッショナルの条件』では、自己啓発や自己実現に関して触れています。

 

その中でも、短いですが個人的に最も心に残った教訓を以下に紹介します。

 

 

ソース

 

 ソースは以下になります。

 

『プロフェッショナルの条件』 (P・F・ドラッカー)

 

 

※アマゾンの紹介文より

どうすれば一流の仕事ができるか?自分の能力を見極め、伸ばすための簡単な方法がある。ドラッカーが自らの体験をもとに教える知的生産性向上の秘訣。はじめて読むドラッカー自己実現編。

 

 

概要

 

 

ドラッカーは本書の中で、父の朋友でもあった著名経済学者、シュンペーターから学んだ教訓として以下の3つを挙げている。

 

  1. 人は、「何によって知られたいか」という問いを常に自問しなければならない。
  2. その問いに対する答えは、歳をとるにつれて変わっていかなければならない。
  3. 本当に知られるに値することは、人を素晴らしい人に変える。

 

 

 

解説

 

以上、たったこれだけですが、非常に示唆に富んだ「教訓」だと思ったのでご紹介させていただきました。

  • 「何によって知られたいか?」

これまでも自己分析や価値観分析の手法をご紹介してきましたが、おそらく僕たちが人生の意味や成し遂げたいこと、夢、目標などを検討するにあたり、最も重要かつ本質的なキー・クエスチョンと言って良いでしょう。

 

ちなみに、『7つの習慣』(スティーブン・R・コヴィー)では、

  • 「自分の葬儀で、集まってくれた人からあなたの人生について何と言ってほしいか?」

『成功と幸せのための4つのエネルギー管理術』(ジム・レーヤー/トニー・シュワルツ)では、

  • 「あなたの人生が墓石に一文で刻み込まれるとしたら、何と刻まれたいか?」

という質問で問いかけています。

文言は少しずつ異なりますが、内容は同じものを意味していると思って良いでしょう。

 

個人的には、このシンプルで重要な教訓を残したことは、ドラッカーの数多い偉大な功績の1つに数えても良いのではないかと思います。