現実がどのような世界になるかは、私たちのマインドセットが規定する。

これは紛れもない心理学的な事実であり、お金持ちになりたいのなら、お金持ちの人のマインドセットになるべきだ、という論理展開はきわめて妥当と言えるでしょう。

 

下記で紹介するのは、「全米一のマネー・コーチ」というハーブ・エッカーが教える、「ミリオネア(億万長者)・マインド」です。

つまり、お金持ちならこのように思考するというマインドセットを学ぶことで、我々はお金持ちに近づくことが出来ます。

 

早速内容を見ていきましょう。

 

 

ソース

 

 ソースは以下になります。

 

『ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人』 (ハーブ・エッカー)

 

 

※アマゾンの紹介文より

本書は、「ロバート・キヨサキの『金持ち父さん 貧乏父さん』を超える本」として、アメリカの出版界でも発売前から大きな話題になっていました。そして前評判どおり、発売後、たちまちニューヨーク・タイムズやウォール・ストリート・ジャーナル等のベストセラー1位に登場しました。

人は誰でも自分の「お金の設計図」どおりの人生を生きている。お金持ちになりたければ、自分の設計図を書き換えることだ……と教える本書には、ハッとさせられる考え方、ウィットとユーモアに富んだ(でも耳が痛い)言葉が随所に登場します。

「お金持ちになれる人」と「お金に縁のない人」の“思考法、心の習慣の違い”は、まさに目から鱗が落ちるものばかり。なぜかお金が貯まらない人、お金のことを専門的に勉強したことのない人、何となくお金に不安がある人、お金持ちになるには何か秘訣があるのではないかと思っている人、必読の書です。本田健先生の解説文も読み応え十分!

 

概要

 

ハーブ・エッカーによると、ミリオネアになる17の原則とは以下の通りです。

①お金持ちになれる人は「人生は自分で切り拓く」と考える

 ・お金に縁のない人は「なぜかこんな人生になってしまった」と考える

 

②お金持ちになれる人は成功と富を目指す

 ・お金に縁のない人は暮らしに困らないレベルを目指す

 

③お金持ちになれる人は「絶対金持ちになる」と考える

 ・お金に縁のない人は「金持ちになれたらいいなあ」と考える

 

④お金持ちになれる人は大きく考える

 ・お金に縁のない人は小さく考える

 

⑤お金持ちになれる人はチャンスに注目する

 ・お金に縁のない人は障害に注目する

 

⑥お金持ちになれる人は成功者を賞賛する

 ・お金に縁のない人は成功者を妬む

 

⑦お金持ちになれる人は成功した人と付き合う

 ・お金に縁のない人は失敗続きの人と付き合う

 

⑧お金持ちになれる人はセールスに積極的である

 ・お金に縁のない人はセールスに消極的である

 

⑨お金持ちになれる人は自分が考える問題よりも器が大きい

 ・お金に縁のない人は器が小さい

 

⑩お金持ちになれる人は富を受け取るのがうまい

 ・お金に縁のない人は富を受け取るのが下手だ

 

⑪お金持ちになれる人は成果に応じて報酬を受け取る

 ・お金に縁のない人は時間に応じて報酬を受け取る

 

⑫お金持ちになれる人は「両方とも手に入れたい」と思う

 ・お金に縁のない人は「どちらか一方だけでいい」と思う

 

⑬お金持ちになれる人は総資産に注目する

 ・お金に縁のない人は「勤労所得」に注目する

 

⑭お金持ちになれる人はお金を上手に管理する

 ・お金に縁のない人はお金を管理できない

 

⑮お金をフル活用する

 ・お金に縁のない人はお金のためにフルに働く

 

⑯お金持ちになれる人は恐怖に負けずに行動する

 ・お金に縁のない人は恐怖で何もできなくなる

 

⑰お金持ちになれる人は何でも学ぼうと思う

 ・お金に縁のない人は何でも知っていると思う

 

 

 

 

解説

 

17の原則が挙げられますが、このうち、①~⑦や⑯~⑰は、いわゆる「積極思考」という考え方とほとんど一致する考え方と言って良いでしょう。ポジティブで前向きな考え方をする人は、そうでない人に比べて業績が良く、出世することは様々な実験結果によって裏付けられています

ですので、こうした思考をしていれば「お金持ちになる」確率も上がるであろうことは容易に想像がつきます。

⑧~⑮は、いわゆるファイナンシャル・リテラシーという言葉でまとめられるかもしれません。「セールスに積極的」「富を受け取るに躊躇しない」「総資産を見る」「上手な金銭管理」「お金に働かせる」などは、『金持ち父さん貧乏父さん』(ロバート・キヨサキ)『ユダヤ人大富豪の教え』(本田健)『となりの億万長者』(トマス・J・スタンリー、 ウィリアム・D・ダンコ)などの「金持ち本」ではおなじみの教えと言って良いでしょう。

つまり、これらの原則は、つきつめると「積極思考」と「ファイナンシャル・リテラシー」で構成されており、すごくシンプルな図式にしてしまうと下記のような公式に表せるかもしれません。

 

●「積極的で前向きな考え方」×「ファイナンシャル・リテラシー」=お金持ち