あなたが今、欲しいものはありますか?

それが何でも手に入るとしたらどうですか?

そんな魔法のようなことが起きるなんて信じられませんか?

そんな魔法のようなことが叶う、と言われているのが、「ビジョンボード」という手法です。

 

「引き寄せの法則」を高名にした『ザ・シークレット』(ロンダ・バーン)からのご紹介です。

 

ソース

 

 ソースは以下になります。

 

『理想の自分になれる法』 (シャクティ・ガワイン)

 

 

※アマゾンの紹介文より

お金、仕事、人間関係、恋愛…。どうしていままでこんなに悩んで、うまくいかなかったのか。夢を実現させるCV(創造的視覚化)法を身につけられるテクニック・ガイド。

 

 

概要

 

 

「ビジョンボード」とは以下のように行ないます。

  • 達成したいものや引き寄せたいもの(例えば、車、腕時計、ソウルメイト)の写真をボードに貼っておく
  • 毎日その部屋に座り、このボードを見てそれをイメージし、それらを既に手に入れた時の気持ちに持っていく

 

 

解説

 

この「ビジョンボード」という手法は、その名称は様々ですが、わりと色々な本に出てくる手法です。

目標を紙に書くのと同じように、欲しいものの「写真」を紙に貼り、更にそれを手に入れたところをイメージすることで、深層心理に刻み込むという、引き寄せの法則やアファメーションの簡易的なやり方と言えるでしょう。

この手法を紹介している本の中には、実際に叶った例として、「100万円の小切手の写真を貼った1週間後に、100万円手に入れた」とか、「高級自動車の写真を貼ってから、すぐに友達から譲り受けた」みたいなことを書いているものも多いですが、個人的にはそこまでの奇跡的なことを期待するのは危険だと思います。

引き寄せの法則は神秘主義的手法ではなく、あくまで心理学の応用にすぎません。意識の上ではつい忘れがちなことを無意識の中に刻み込むことで、それを手に入れる努力を自然としてしまう、それが入手できるという可能性を限りなく高めるだけで、絶対に手に入ると言い切ることは決して出来ないと思います。

代わりに、「今後手に入る」ことではなく、「既に手に入った」ことを信じ込ませることの方が引き寄せの力を高めることが出来るでしょう。