ポジティブなマインドセットは、人生における成功確率を高めます。

でも、人間なので、落ちこむときもありますね。落ち込んだとき、どうやって前向きな気持ちを取り戻せばいいのでしょうか。その具体的な手法として、これまで「ABCDEモデル」や「SBNRR法」などをご紹介しました。

以下でご紹介するのは、これらよりも更に簡易な手法です。「引き寄せの法則」を有名にしたロンダ・バーン『ザ・シークレット』で紹介されていた手法で、彼女はこれを「シークレット・シフター」と呼んでいます。

 

 

 

ソース

 

 ソースは以下になります。

 

『ザ・シークレット』 (ロンダ・バーン)

 

 

※アマゾンの紹介文より

 「偉大な秘密」の片鱗は何世紀にもわたり文学、宗教、哲学等の口承伝説の中に見出されてきました。今回初めてこの本で「秘密」の断片が集められ、驚くべき形で世に明らかにされることになりました。これを体験する全ての人々にとって、本書は人生の大きな転機となることでしょう。この本では、あなたのお金、健康、人間関係、幸せ、世の中との関係など人生のあらゆる面において、「秘密」をどのように使うかを学ぶことができます。あなたは自己に内在する未開発の力を理解し始めるでしょう。それが明らかにされるに連れて、あなたの人生のあらゆる面が喜びで満たされるでしょう。この本には、「秘密」を実践して、健康、富、幸せを手に入れた現代の師達の叡知が紹介されています。また、本書の中で明らかにされている知識を応用することで、病気を治したり、莫大な富を手に入れたり、障害を克服したり、不可能と思われたことを達成した経験など説得力のある話が紹介されています。

 

概要

 

 

「シークレット・シフター」のやり方は以下の通りです。

 

・自分の気持ちを切り替えられるもの(「シークレット・シフター」)のリストを用意する

例)美しい思い出、将来の夢、笑えた瞬間、自然、愛する人、お気に入りの曲など

・不機嫌になりそうになったら、このリストを思い出し、そのどれか1つに意識を集中する

・その時々によって気分転換に効果があるものは異なるため、1つ試して効果がなければ次のものを試す

 

 

 

解説

 

機嫌が悪いときや落ち込んだときに、自分の好きなものを思い出したり、元気になれる曲を聞いたり、といったことは今更言われなくても実践している人も多いのではないでしょうか。

彼女が勧めるのは、そうしたことをもっと意図的に、戦略的に、ある種の真剣さをもって行なうということです。ただ好きなものを思い出すというだけでなく、リストを作って明文化して、それを順番に思い出して元気になれるものを次々と試していく、というものです。

「引き寄せの法則」に関連して、彼女はポジティブな思考でいることの大切さを強調しています。彼女の言葉を使えば、「ポジティブな気持ちでいればポジティブなものを引き寄せる」ということですが、これは心理学的にも正しいということは既に解説した通りです

のみならず、彼女は「ネガティブに触れないこと」の大切さも強調しています。例えば悪いニュース(貧困、麻薬、テロ、暴力、戦争、飢餓など)に心を痛めても、世界は何も変わらないばかりかネガティブなものを引きつけてしまうので、見てはならない、と述べます。

ある種、「臭いものに蓋」的な考え方という見方もできますが、不幸な世界を変えたかったら、まず自分が幸せになって成功してから世界を変えようという考え方も決して誤りとは言えないでしょう。

僕たちは、誰かを幸せにすることと同じくらい、自分が幸せになることにもっと真剣に取り組む必要があるのかもしれません。