「引き寄せの法則」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

一言で言えば、「思ったもの、願ったことを引きつける」とされる法則で、主にスピリチュアル系の啓発書でさかんに語られます。

この「引き寄せの法則」というネーミングや、この手の書籍で語られる胡散臭い解説が、この法則の本質を見えにくくしているように思うのですが、この手法自体は自己暗示や自己達成予言を言い換えているにすぎないので、何の不思議も神秘性もないというのが私的な見解になります。

 

ともあれ、まずはロンダ・バーンによる説明を見てみましょう。

 

 

 

ソース

 

 ソースは以下になります。

 

『ザ・シークレット』 (ロンダ・バーン)

 

 

※アマゾンの紹介文より

 「偉大な秘密」の片鱗は何世紀にもわたり文学、宗教、哲学等の口承伝説の中に見出されてきました。今回初めてこの本で「秘密」の断片が集められ、驚くべき形で世に明らかにされることになりました。これを体験する全ての人々にとって、本書は人生の大きな転機となることでしょう。この本では、あなたのお金、健康、人間関係、幸せ、世の中との関係など人生のあらゆる面において、「秘密」をどのように使うかを学ぶことができます。あなたは自己に内在する未開発の力を理解し始めるでしょう。それが明らかにされるに連れて、あなたの人生のあらゆる面が喜びで満たされるでしょう。この本には、「秘密」を実践して、健康、富、幸せを手に入れた現代の師達の叡知が紹介されています。また、本書の中で明らかにされている知識を応用することで、病気を治したり、莫大な富を手に入れたり、障害を克服したり、不可能と思われたことを達成した経験など説得力のある話が紹介されています。

 

概要

 

 

ロンダ・バーンによれば、「引き寄せの法則」は以下の3ステップから成り立ちます。

 

  1. お願いする(欲しいものや願いを明確にする)
  2. 信じる(すでにそれが手に入ったと信じ、そのようにふるまう)
  3. 受け取る(手に入った喜びにひたり、いい気分になる)

 

 

 

詳細

 

 

もう少し具体的に見てみましょう。以下は、「痩せたい」と思っている場合の「引き寄せ方法」です。

 

1.お願いする

  • 痩せたいとしたら、自分の体重を明確にする
  • その最適な体重になった時に自分がどんな姿になっているのか、イメージをしっかり持つ
  • 自分の理想とする体型の人の写真を用意し、頻繁に眺める

 

2.信じる

  • 既にその体重になったと信じる
  • 既に体重が理想的になったと想像し、そのように振舞う
  • 理想とする体重を書いて、体重計のメモリの上に貼る
  • 現在の体重に合う衣服は買わず、最適な体重に合う衣服に焦点を合わせる
  • 理想とする体重の人を見つけ、心の中で賞賛し、尊敬し、自分もその人になった気分を感じる

 

3.受け取る

  • 今の自分の身体について満足する
  • 自分の身体の中で完璧な部分を探し、全てを賛美する

 

 

 

 

解説

 

「気持ち」が現実を規定する」という絶対的事実。」で見たように、私たちの世界は、気持ち(マインドセット)が現実を規定しています。これは文字通りの意味であり、20歳若くふるまえば実際に外見の年齢は若くなるし、ウルシを塗られていると嘘を言われると実際に肌がかぶれ、数学が得意なはずだと言われれば実際にテストの点数が上がるのです。これは特に何の神秘性も必要のない、純粋な心理学的事実です。

「引き寄せの法則」はこの暗示の応用であり、何の神秘的事実もない代わりに非常に有効で合理的な手法だと言って良いでしょう。

ある願望を「既に叶ったと信じ込む」ことが出来たとき、身体はそれに勝手に反応し、現実の方を変えるべく、その願望を叶えるような方向性に導いてくれます。そして導くのは神でも宇宙でもなく自分の身体です。ですから、「絶対に叶う」と言い切ることはできませんが、成就する確率は、少なくとも引き寄せを実行していないレベルから比べると飛躍的に上昇するでしょう。

この手法の最大のポイントは「既に叶ったと信じ、そう振る舞う」ことでしょう。脳がだまされないと暗示の効力は上がらないので、自分(の脳)を「騙す」ことに全力を尽くしましょう。