以下に紹介するのは、「面接で受かりやすくなる6つの原則」です。

全て科学的根拠があり、知っておくと知っていないとではかなり差がつくであろう項目ばかりです。

そして何よりも、とても興味深く面白い事実が多いです。

 

 

ソース

 

 ソースは以下になります。

 

『その科学が成功を決める』(リチャード ワイズマン) 

 

※アマゾンの紹介文より

成功する自分をイメージする方法はむしろ逆効果!?子供の知能や才能をほめて育てると、とんでもない結果を招く!?集団での意思決定はリスクの高い決断になる!?巷に溢れる自己啓発法を科学的調査から徹底検証。その真偽を明らかにした上で、すぐに実践できて効果のある自己啓発法を紹介する。これまでの常識を覆す衝撃の一冊。

 

(著者略歴)

ワイズマン,リチャード

1966年生まれ。英国ハートフォードシャー大学教授(心理学)。プロマジシャンとして活躍後、ロンドン大学を卒業。エディンバラ大学にて博士号取得(心理学)。膨大な被験者のデータを分析する科学的アプローチを得意とする。超常体験、超自然現象を疑問視する研究でも国際的に有名。2002年、社会科学分野における一般読者向けのすぐれた業績を顕彰するジョセフ・リスター賞(英国科学協会)を受賞。一般読者向けの科学書執筆やテレビ番組制作にも携わる

 

 

概要

 

本書によると、「面接で受かりやすくなる6つの原則」は以下の通りです。

  1. 面接官と親密にコミュニケートする
  2. 弱みは最初に話す
  3. ミスを過剰に意識しない
  4. 難しい言葉を使わない
  5. 負担にならない小さな頼みごとをする(「フランクリン効果」)
  6. しくじり効果を利用する

 

詳細

 

1.面接官と親密にコミュニケートする

心理学研究によると、雇い主が採用を決めるポイントは、適性よりも業務経験でもなく、「好感度」であるという。

自分と面接官とお互い興味がある話題で盛り上がる、笑顔を浮かべ、相手と目を合わせる。会社を褒める。これらのアクションが採用に結びつくという。

 

2.弱みは最初に話す

自分の弱みを最初に語るのと最後に語るのでは、好感度に大きく差が出るという。弱みは最初に話した方が好感度がはるかに高くなる。例えば、弁護人が論旨の弱い点を裁判の冒頭に述べた方が勝訴する確率が高い。

 

3.ミスを過剰に意識しない

人は自分のミスが実際以上に人に注目を浴びたと思い込む。実験によると、実際にミスに気付いた人が20%なのに対して、ミスを犯した人は平均50%に気付かれたと感じていたという。(「スポットライト効果」)

 

4.難しい言葉を使わない

実験によると、難解な言葉で書かれた文章とわかりやすい言葉で書かれた文章では、わかりやすい言葉で書かれた文章の方が書き手の知性が高いと評価されたという。

 

5.負担にならない小さな頼みごとをする(「フランクリン効果」)

人は誰かに親切をほどこした相手には、相手にさらに親切な行為をしたいと望むものらしい。実際にフランクリンは、気難しい議員の協力を得る際に、相手にある希少本を借りたいとお願いし、協力を得ることに成功したという。

 

6.しくじり効果を利用する

実験によると、クイズに答える学生がコーヒーカップをひっくり返す、というハプニングが起こった学生と特に起こらなかった学生への好感度を尋ねると、コーヒーカップをひっくり返した学生の方が圧倒的に好感度が高かったという。

 

 

 

解説

 

全てとても興味深いですし、色々な場面で応用が効くものばかりです。

この中で1つだけ覚えておいた方がいいとしたら、「1.面接官と親密にコミュニケートする」の中に書いてある、「雇い主が採用を決めるポイントは、適性よりも業務経験でもなく、「好感度」である」という事実でしょう。

面接は、受験者のスキルセットやマインドセットを確認する場でもありますが、それらはある程度、履歴書や経歴書の段階で推測できるところも多い訳で、面接は主に相手の印象を確認する場と考えて良いでしょう。その意味で、むやみに自分をアピールするよりは、相手の言ってほしそうなことを言うなど、「感じよく話すこと」に徹していたほうが有効であると考えられます。(これは個人的に自分に言い聞かせていることです。)

もう1つ、これは主に心理面でのポイントですが、「ミスはあまり気にしなくていい」ということも重要な事実です。「ミスはあまり気付かれない」どころかむしろ、「好感度を高めることすらある」ということを覚えておくと、あまり緊張せずに臨むことができるかもしれません。

他には、「弱みは先に話す」「難しい言葉を使わない」なども心の片隅においておくといいかもしれません。「負担にならない小さな頼みごとをする」は実際の面接の場で使うのは難しいと思いますが、「小さな頼みごとは好感を高める」ことを知っておくと他の場で使えるかもしれません。