自己啓発書に書いてある教えの中で、最も多いもののひとつが「直感を信じよう」というものです。ただ、では「直感」をどう働かせたらいいのか、という具体的な方法論まで書かれている書籍はわりと少ないです。

直感を信じろって言われても、そもそも直感自体が働かないんだけど…という人は多いのではないでしょうか。

以下に紹介するエクササイズは、この「直感」を働かせるための具体的な方法です。

 

 

ソース

 

 ソースは以下になります。

 

 『運のいい人の法則』 (リチャード・ワイズマン)

 

 

※アマゾンの紹介文より

世の中には、「運のいい人」と「運の悪い人」がいる。英国の心理学者リチャード・ワイズマン博士は、幸運と不運を隔てるものに興味を抱き、「運の科学的研究」を開始した。ちょっとしたアンケートから始まった調査は10年の長期に及び、協力者は数百人に上った。その結果、博士は「運のいい人」に共通する“四つの法則”に辿り着く。さらに、運は考え方と行動で変えられるという―。世界30カ国でベストセラーとなった“運”の科学書、待望の文庫化。

(著者略歴)

ワイズマン,リチャード
図書館で見つけた本に惹かれ、10歳でマジックに目覚め、20代前半には世界を舞台に活躍するようになる。その後、マジックの裏にある人の心理に強い関心を持ち、ロンドン大学で心理学を専攻、エジンバラ大学で博士号を取得、ハートフォードシャー大学で研究室を持つまでになる。研究者として活躍する傍らビジネス・コンサルタントとして企業で講演することも多い

 

 

概要

 

「洞穴の老人を訪ねる」というのは以下のようなエクササイズです。

  • 前提:進路など、どちらを選ぶべきか迷ったときに行なう
  • 静かな部屋とゆったり座れる椅子を用意する
  • 椅子に座って目を閉じ、深呼吸をし、以下のようなイメージをする
  • イメージが終わったらゆっくり目を開ける。

 

詳細

 

こんなイメージをします。

 

  • あなたは今、山奥の洞穴の入口にいる。外界とは切り離され、あなたは穏やかな気分になる。
  • 洞穴の奥には老人が居る。老人は手招きしてあなたを座らせ、あなたが迷っているそれぞれの選択肢について1つずつ説明しなさいと言う。
  • ただし、具体的な状況やそれによる利益や損失、理屈などを老人は聞くつもりはない。周囲はあなたにどうするべきだと思っているかや、あなたが義務感からやらないといけないと思っている内容も、今は関係ない。
  • それぞれの選択肢について、あなたがどう感じているのか、どれが正しくてどれが間違っていると思うのか。老人が知りたいのはそれだけだ。
  • 会話の秘密は完全に守られるから、心から正直に話せばいい。何を言おうかと考える必要もない。頭に浮かんだ言葉を口にしよう。
  • あなたは自分の選択肢について、老人にどんな話をするだろうか。どれが正しくて、どれが間違っていると思っているだろうか。

 

 

 

解説

 

そもそも直感とは何でしょうか。僕はこう定義しています。「自分自身の心の声」

つまり、神託や超常的な何か、という訳ではなく、「本当はAの道に行きたいのか、Bの道に行きたいのか」というときの本音を聞く、ということです。本当の心はきっとそれを知っているはずなのに、色々な理由づけをしたり、何らかの義務感や責任感を背負い込んでしまったりして、この「心の声」が聞こえづらくなります。そこで、今の自分ではなく別のシチュエーション(この場合は「洞穴の老人と対話する」というシチュエーション)を設定して、自分の本音を吐き出してみるということです。ですので、これは純粋に心理学的な手法と言って良いでしょう。

消費者の深層心理を聞き出すためのインタビュー手法として、あるキャラクターのイラストを用意して、その吹き出しの中にそのキャラが言ってそうな台詞を埋めてもらうような手法がありますが、これと似たような手法と考えて良いと思います。

そして、ここでポイントになるのは、「具体的な状況やそれによる利益や損失、理屈などを老人は聞くつもりはない。周囲はあなたにどうするべきだと思っているかや、あなたが義務感からやらないといけないと思っている内容も、今は関係ない。」というところです。つまりそういった理屈や損得などを考えてしまうと、自分の「心の声」から遠ざかってしまいます。なので、そういった要素を排除し、純粋にそれぞれの選択肢に関して自分がどう思っているか、という点だけにフォーカスして、老人に語ることをイメージしましょう。

きっと、悩んだとき、迷ったとき、強力な味方になってくれるはずです。