突然ですが、あなたは運命を信じますか?神の見えざる手が人生に介入していると感じたことはありますか?幸運が自分を導いていると思ったことは?

これからご紹介するエクササイズは、運命を自由自在に操り、「神の見えざる手」を意図的に働かすことができる、とされる方法です。

そんなことができるもんか、と思う前に、まずは内容を見てみましょう。

 

 

ソース

 

 ソースは以下になります。

 

『幸せになる技術―心の目覚めのための21のエクササイズ』(スリクマー・S・ラオ)

 

 

※アマゾンの紹介文より

成功を追いかけているかぎり、あなたに真の幸せは訪れない! 沈黙のなか食事に集中する、心から感謝する、奇跡を起こす…。名門ビジネススクールの大人気講座で教えられている「人生の達人になる方法」を初公開。

 

(著者略歴)

ラオ,スリクマー・S.

コロンビア大学ビジネススクールの客員教授、ロングアイランド大学教授を務めるほか、ロンドン大学でも教鞭を執る。もともとの専門はマーケティング戦略で、これまでシティコープやダイナーズ・クラブなどの一流企業のコンサルタントとしても活躍した経験を持っている。そのキャリアの中で、将来リーダーとなる若者たちには精神面・倫理面での修養が必要であると感じ、自らがルーツとして持っている東洋哲学や、大学時代に専攻した物理学を応用して「創造性と自己追究」と題する講座を最初はロングアイランド大学で、のちに名門コロンビア大学でも開講したところ、受講希望者が後を絶たない人気講座となった。ビジネススクールで「成功を追わない」ことを教える異色の講師として、多くのメディアが注目している。ニューヨーク州コマック在住

 

 

概要

 

「神の見えざる手」のエクササイズは以下のように行ないます。

  • あなたが今までの人生で、「思いがけなく起こった出来事」「運命としか思えないびっくりするような出来事」「不思議な縁を感じた出来事」はないだろうか。それらを一つ一つ、思い出して書き留めよう。
  • 書くという行為が非常に大切だ。書き記すことで、頭の中でその出来事が強化される。そしてこのリストがあれば、いつでもそれを思い出すことができる
  • そして、こうした「奇跡」が日常の中にもないか、意識的に探すようにしよう。そしてそれを見つけては日記に書き、毎日読み直そう。

このエクササイズを行なっていると、ある節目が訪れる、と述べています。すなわち、「偶然」や「たまたま」が信じられなくなり、意識を持つ宇宙があなたを助けてくれると考える方がしっくりくる、というのです。

 

 

 

解説

 

夢の無い話をしてしまえば、「神の見えざる手」なんてこの世に存在しません。物理法則や因果律以外の力が働くなんてことは普通に考えてありえないかと思います。

ただ、こうした「奇跡」とか「運命」を書き留めるなどして意識をフォーカスしていくと、脳が無意識に「奇跡」や「運命」を探すようになり、人生にそうしたことが多くなっていくように錯覚する、ということでしょう。つまり、「テトリス効果」の応用であり、「幸福なことに意識をフォーカスしていくと幸福なことばかり目につくようになる」という原理と同じです。

そして、「神の見えざる手を信じられるようになる」(…ように錯覚する)ということは、心理学的にはきわめて良い効果をもたらすと考えて良いでしょう。例えば様々な分野で「卓越した人」を分析したチャールズ・マレイによれば、「卓越性は、人生には超越的な目的があると信じている文化」で生じやすいとされているからです。