これも自分のしたいことを探る分析手法の一つですが、どちらかというと、やりたいことを「見つける」というより、幾つかの中から「絞り込む」手法という言い方をした方が良いかもしれません。

 

ソース

 

 ソースは以下になります。

 

『HAPPIER』(タル・ベン・シャハー)

 

 

※アマゾンの紹介文より

「成功して幸福になる秘訣」がついに解き明かされた。もしもあなたが、頑張ってるのに満たされないと感じているなら…いつも「これでいいのか?」と不安や心配になってしまうなら…ビジネス界の殿堂ハーバード大の“年間ベスト”講義が初公開。

(著者略歴)

ベン・シャハー,タル

ハーバード大学で哲学と心理学を学び、組織行動論で博士号を取得。心理学博士(組織行動論)。ハーバード大学でもっとも人気のある講師。ナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)で大々的に人物紹介が成され、CNN、CBSテレビにメインゲストとして出演。ニューヨーク・タイムズ紙、ボストン・グローブ紙でも大きく取り上げられる。彼の講義には、1学期あたり約1,400名の学生(ハーバード大全学生の約2割に相当)が殺到。現在、『肯定心理学(ポジティブ・サイコロジー)』(2006年受講学生第1位)と『指導心理学(リーダーシップ・サイコロジー)』(同第3位)を教える。多国籍企業の経営幹部たち、一般大衆、および危険地帯の住人たちに対するコンサルティングや講義も、世界各国で行い続けている。講義の主なテーマは、幸せ、自尊心、回復力、目標設定、気配り、指導力。卓越したスポーツマンとしても知られ、スカッシュの全米学生チャンピオン、および同イスラエル・チャンピオンの経歴をもつ

 

 

概要

 

 

タル・ベン・シャハーは、進路を決めかねていた際に、哲学の師、オハド・カミンから与えられたアドバイスとして、以下の方法を紹介しています。

 

進路を選ぶ際には、

  1. 最初に、自分にできそうなあらゆることをリストアップする
  2. それらの中から、自分がやりたいことを全て選びだす
  3. それらの中から、自分が本当にやりたいことを全て選びだす
  4. それらの中から、自分が本当に本当にやりたいことを全て選びだす
  5. 選び出したそれをやるか、できるように努力する

 

本当に行ないたいこと

 

効果

 

シャハーは、「本当に本当にやりたいこと」を見つけそれを追及するようになると、それを効率よく行なえるように自らの能力が向上するだけでなく、まるで神の見えざる手が働いているかのように、周りの環境が後押ししてくれるようになる、と述べています。

加えて、私たちの人生は「やりたくないこと」を行なうには短すぎるため、「本当にやりたいこと」に集中すべきである、と述べています。

 

 

 

解説

 

この手法は、分析手法そのものが優れているというよりも、僕らは「自分のやりたいこと」に100%集中すべき、という考え方を示唆した点が秀逸であると思います。

僕らは、特に日本人は、「イヤなことも進んでやりましょう」「若い頃の苦労は買ってでもしろ」みたいな、「やりたくないことをしていること=美徳」という風潮がありますが、シャハーら最先端のポジティブ心理学が教える考え方はまったく逆です。

「やりたくないことに時間を費やすほど、人生は長くない。だからやりたいことをやれ」。彼らは明確にそう言っているのです。

そして、シャハーが求めているハードルはしかも、ただの「やりたいこと」ではありません。「やりたいことの中の、本当にやりたいことの中の、その中でも本当に本当にやりたいこと」なのです。(ちなみに最初の「できそうなこと」という枠はあまりとらわれないで良いでしょう。)

ここまでの領域を特定するのは、生半可なことでは出来ないと思いますが、僕らが人生を懸ける上で、向かうべき領域を定めるためには、ここまでガチで絞り込む必要があるのだと思います。

そして、自分の「本当に本当にやりたいこと」が特定できて、それに一歩足を踏み出したときに、「まるで神の見えざる手が働いているかのように、周りの環境が後押ししてくれるようになる」感覚を味わうことでしょう。