自分のやりたいことや向いている仕事を見つけるための分析手法は、既にこのサイトで幾つか紹介していますが、これからご紹介する「PMS分析」もその一つです。

 

シンプルですが非常に論理的、かつ効果的な方法です。

 

ソース

 

 ソースは以下になります。

 

『HAPPIER』(タル・ベン・シャハー)

 

 

※アマゾンの紹介文より

「成功して幸福になる秘訣」がついに解き明かされた。もしもあなたが、頑張ってるのに満たされないと感じているなら…いつも「これでいいのか?」と不安や心配になってしまうなら…ビジネス界の殿堂ハーバード大の“年間ベスト”講義が初公開。

(著者略歴)

ベン・シャハー,タル

ハーバード大学で哲学と心理学を学び、組織行動論で博士号を取得。心理学博士(組織行動論)。ハーバード大学でもっとも人気のある講師。ナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)で大々的に人物紹介が成され、CNN、CBSテレビにメインゲストとして出演。ニューヨーク・タイムズ紙、ボストン・グローブ紙でも大きく取り上げられる。彼の講義には、1学期あたり約1,400名の学生(ハーバード大全学生の約2割に相当)が殺到。現在、『肯定心理学(ポジティブ・サイコロジー)』(2006年受講学生第1位)と『指導心理学(リーダーシップ・サイコロジー)』(同第3位)を教える。多国籍企業の経営幹部たち、一般大衆、および危険地帯の住人たちに対するコンサルティングや講義も、世界各国で行い続けている。講義の主なテーマは、幸せ、自尊心、回復力、目標設定、気配り、指導力。卓越したスポーツマンとしても知られ、スカッシュの全米学生チャンピオン、および同イスラエル・チャンピオンの経歴をもつ

 

 

概要

 

 

タル・ベン・シャハーは、適職を見つける分析手法として、「PMSプロセス」という分析手法を紹介しています。それは以下の通りです。

 

  1. 「自分は特に、どんなことに意義を感じるのだろう?」(Meaning)と自問し、答えを書き出す
  2. 「自分は特に、どんなことに喜びを感じるのだろう?」(Pleasure)と自問し、答えを書き出す
  3. 「自分は特に、どんなことが得意なのだろう?」(Strength)と自問し、答えを書き出す
  4. 各回答を見比べ、重なり合っている領域を特定する
  5. 重なり合っている領域やその他の要素から、適職を導出する

 

彼は、思いつきで答えるだけではなく、過去をじっくりと振り返りながら、それぞれの回答が本当に正しいのかを検証しなければならず、充分な時間が必要だと述べています。

 

 

 

実例

 

実際にシャハーは次のような分析によって自分の進路を決定したそうです。

 

  1. 意義を感じる: 問題解決、書くこと、子供たちの成長支援、政治参加、音楽
  2. 喜びを感じる: セーリング、料理、読書、音楽、子供たちとのふれあい
  3. 得意・長所 :ユーモア、ひたむきさ、子供たちと関わる能力、問題解決能力
  4. 重なり合っている領域 :子供  その他の要素:ユーモア、問題解決、読書など
  5. 1~4の結果から、「教師」が最も適していると判断

 

 

 

解説

 

「喜び」と「意義」は、既にシャハーの定義する「幸福」を成り立たせる2つの要件です。それに加えて、3軸目としてシャハーは「得意・長所」という要素を入れています。

ちなみに、『ビジョナリーカンパニー2 飛躍の秘密』の中で、ジェームズ・C・ コリンズは、企業を飛躍に導く経営者の共通要素の1つとして、

  • 情熱をもって取り組めるものは何か?
  • 自社が世界一になれる部分は何か?
  • 経済的原動力になるものは何か?

という3軸で考えることを述べていますが、これもPMS分析と非常に類似した考え方と言えるでしょう。