あの人に好かれるにはどうしたらいいのか。いつの時代も人はそんな悩みを抱えますね。

 

心理学的には、「好意」は6つの原理によって規定されるそうです。これを見ていきましょう。

 

 

ソース

 

 ソースは以下になります。

 

『ポジティブ心理学入門: 「よい生き方」を科学的に考える方法』(クリストファー・ピーターソン)

 

※アマゾンの紹介文より

ワクワク、ウキウキを科学する学問!?私たちの人生を本当に豊かにしてくれるものは何か。ポジティブ心理学入門の決定版。

著者について

【著者略歴】クリストファー ピーターソン(Christopher Peterson) 米・ミシガン大学心理学部教授、ペンシルベニア大学心理学部客員教授。イリノイ大学で心理学の学位を、コロラド大学で社会心理学、人格心理学の修士号および博士号を取得。 教育分野における受賞多数。研究論文が最も多く引用される世界の心理学者100人の1人に名を連ねる。ポジティブ心理学創始者の一人で、ポジティブ心理学運営委員会委員。 国際ポジティブ心理学会理事。The Journal of Positive Psychologyの顧問編集者ほか編集雑誌多数 。

 

 

概要

 

クリストファー・ピーターソンによれば、「好意」は次の6つの原理によって規定されるそうです。

 

  1. 近接性:他の条件が同じであれば、自分の近くにいる人に好意を持つ
  2. 類似性:他の条件が同じであれば、パーソナリティ・価値観・信念が自分と似ている人に好意を持つ
  3. 相補性欲求:他の条件が同じであれば、自分の欲求を満たしてくれる人に好意を持つ
  4. 能力:他の条件が同じであれば、能力の高い人に好意を持つ
  5. 身体的/印象的魅力:他の条件が同じであれば、身体的魅力のある人か、さもなくば感じの良い人に好意を持つ
  6. 互酬性:他の条件が同じであれば、自分を好んでくれる人に好意を持つ

 

 

 

解説

上記の6つの原理に沿って考えてみましょう。

 

気になるあの人の好意を得るには、

  1. マメに連絡をしたり、顔を合わせたりして、
  2. 会話をしながら、価値観が似ていることをアピールして、
  3. 相手の望んでいることに応えて、
  4. 自分の能力の高さをさりげなくアピールして、
  5. 身だしなみを整え、ソフトに接して、
  6. 相手のことを好きなことをアピールする

ということでしょうか。

 

とはいえ、改めて言われるまでもなく、ある相手を好きになったらその人にアピールするために、上記のことは自然にやってる人が多いでしょう。

ただ、基本的なフレームワークとして上記を覚えておくと色々役立つかもしれません。