人生の勝者になるための「10の原則」です。

この手の成功法則は眉唾なものが多いのですが、心理学(特にポジティブ思考)に特化したものとして特徴的だったので、採り上げてみました。

 

 

ソース

 

 ソースは以下になります。

 

 『新訳 成功の心理学 人生の勝者に生まれ変わる10の方法』 (デニス・ウェイトリー)

 

 

※アマゾンの紹介文より

(著者について)

ウェイトリー,デニス

人間行動学博士。能力・モチベーション開発の専門家。1933年生まれ。米国海軍士官学校卒業。南カリフォルニア大学客員教授、全米オリンピック委員会心理学部会委員長などを歴任し、宇宙飛行士から一流アスリート、経営者、学生まで、幅広い人々の指導に携っている。米国航空宇宙局(NASA)ではアポロ宇宙飛行士のストレスマネジメントを指導。ベトナム戦争捕虜のリハビリやカウンセリングなどにも尽力した。高校教育への貢献に対して、全米青年リーダーシップ協議会から大賞を授与されている。音声教材は14カ国語に翻訳されており、『幸種 しあわせだね』(講談社)など著書多数。

 

 

概要

 

ウェイトリー・デニスが提唱する、「人生の勝者になるための10の原則」は以下の通りです。

 

  1. ・積極的な自己認識
  2. ・肯定的な自己評価
  3. ・率先した自己コントロール
  4. ・高いモチベーション
  5. ・大胆な自己期待
  6. ・貪欲な自己イメージ
  7. ・明確な目標設定
  8. ・活発な自己訓練
  9. ・豊かな人生観
  10. ・印象的な自己表現

 

 

解説

 

1~6は、ほとんど同じことを言っているものとして考えて良いでしょう。

つまり、この手の自己啓発書にはおなじみである、「積極思考」です。

『オプティミストはなぜ成功するか』でマーティン・セリグマンによって、あるいは『幸福優位7つの法則』でショーン・エイカーによって証明されたように、社会的成功における最も大切な要素は、「ポジティブであること」です。

10挙げた成功法則のうち、実に6つが「積極思考」に該当するということが、このことをいみじくも示しているものと考えられます。